投稿者: | 2017-10-23

ドル円好調。安倍首相の勝利、米税制改革期待により

10月23日 ドル円強気 ドル円相場は3ヵ月ぶりの高値114.10円を突破した。今回の選挙結果を受けて円が売られたためだ。

今回10月22日(日)の選挙では、安倍首相が大勝利を収めた。安倍連立政権は、下院において「3分の2」圧倒的多数に支持された。自民党の勝利は驚くところではないが、日銀政策委員会の入れ替えに対する懸念を落ち着かせる材料となる。

米国税制改革への期待が米国債金利の上昇を招き、既に推進力を得ていた米ドル。今回日本の選挙結果は米ドル相場への最高の追い風となった。現時点でドル円は113.7円近辺で取引されており、10年国債は2.39%で1BPS上昇している。

東京市場オープンから間もなく、米国は、核爆撃機の24時間警戒体制(26年ぶり)への準備を進めているとの見通しを発表。これは米国、ロシア、北朝鮮間の緊張が高まっていることによると明確に示している。

これが理由で、ドル円市場は114円を大きくブレイクできなかったのかも知れない。

10月23日 2017年
原典:「USD/JPY peeps above 114.00 on Abe win, higher yields

編集部の見解


ドル円絶好調ですね。正解は111円台でのエントリーだったということでしょう。

相場は今後の上昇材料や下降材料と見通し、突発的な昇降材料を織り込んだうえでどういうポジションが持つかが大事です。ドル円は概ね好調ですが、今後の懸念材料としては本文にあるようにロシア、そして米朝の問題。

さらにFRBの議長選ですね。テイラー氏が外れてしまい、イエレン議長が続投あるいはパウエル氏となるとドル円相場のよくない材料となります。

今日は少し下がっていますが、連続的な上昇への反発と見て良いでしょう。ブレイクポイントは113.4円なので、ここまで戻ればロングのエントリーポイントの目安となります。

news!10/20 ドル円112.80円をブレイク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA