投稿者: | 25/09/2017

ニートFXの末路は暗くない

ニートFXの未来は明るい ニートの中には働かない自分を自責し、変わろうとする人が多くいると言います。

時間のたくさんあるニートの中で、お金を稼いでやろうというモチベーションからFXにチャレンジする人は少なからずいることでしょう。ニートには時間がたくさんあるからこそFXを選ぶのかも知れませんね。

しかしネットでは、FXにチャレンジしたニートの末路が破滅的だったことなどが面白おかしく書かれていたりします。しかし、FXは本当にそこまで危険な投資なのでしょうか?

元ニートである筆者は、ニートこそFXに向いている、むしろニートこそFXトレーダーとしてとても有利な状況にあると考えます。

そこで、FXに興味のあるニートからやりたいことが見つからずくすぶっているニートまで、あらゆるニートのためにこのページを書きました。ニートにとってのFXの危険やニートにとってのFXの適性などを分かりやすくまとめましたので、どうぞ見ていって下さい。


まずは1000万目指せ。成績はブログにうpしろ


「ニート働け」

ニートはいつもこのように言われてしまいます。ニートの目標はとにかく働くこと・・・なのでしょうか? 確かに働くことは立派です。

しかし、ニートの気持ちになって考えると、働きたくないからこそニートなのでしょう。

ニートが働かない理由


この働きたくない理由というのは様々で、すべてのニートがメンタルが弱かったり単純に面倒くさがりでワガママなわけではありません。

良き仲間とやりがいのある仕事をし充実した生活を送っていきたい、このように思わない人はむしろ少ないと思います。ニートの中には、ある仕事もしくは仕事全般に適性がないというだけの人も多いことでしょう。仕事に対する向き不向きで判断するなら、努力不足というよりたまたま運が悪いだけなのかも知れません。

本当に向いていない仕事を無理に続けても長続きはしませんし、働けたとしても幸せにはなれないでしょう。

ニートは、いえ我々は本当に働かなければならないのでしょうか?

現代人は働かなくてもいい!

働く必要はなし! 「人は絶対に働く必要がある・・・?」

そんなことはありません。もし世界中に産業機械がなく、自分たちの食糧を自分たちの手で作らなければならないとしたら、プロスポーツ選手やテレビ番組、ゲーム会社、漫画、小説、ブランド、これらはすべてお金にならない遊びです。

ニートのみなさん、働く必要はありません。衣食住に関わらないエンターテイメントを売る会社は、遊びや快適など、不要でも欲しがるものを売って金儲けをしています。これは本当に必要な仕事なのでしょうか? それとも金になるから(欲しがる人がいるから)やっている仕事なのでしょうか?

ニートのみなさん、あなた方が抱える問題はお金と世間体のみ。働く必要はありません。お金なら働かないで稼げばいいのです。

ニートが金を稼ぐならFX。むしろFXをするならニートが最強。


ニートが不労所得を得るために一番手っ取り早いのはFX。様々な投資がある中でFXがニートに向いている理由は、仕事に適性を持たないとされるニートが、FXには多くの適性を持っているからです。それは・・・

  • ・FXは元手が少なくて済む
  • ・24時間画面に張り付いていられる
  • ・生活費がかからない
  • ・FXだけに集中できる
  • ・ビビリ(損失を嫌がる)
  • ・取引がシンプルな売り買いだけ
  • ・ネットで情報を探せる情強
という7つもの適性。

これについては次の章でゆっくり話すとしましょう。ニートがFXなりでしっかり収入を得られれば、残る問題は世間体のみ。

世間体とは、社交性のこと


金さえ稼げば親の心配は世間体のみ。

簡単に言うと外に出かけて他人と何をしているかというのが世間体なのです。

インターネットでFXの情報を集めるなら、同じFXトレーダーとの仲間で有益な情報を共有した方がいいですよね。FXについての情報収集の上で、twitterなどを駆使してしっかりと人脈を築きましょう。情報の丁寧な言葉遣い、自ら先に情報を提供すること、情報を得られたら挨拶をしっかりすることを心がければ、たいていの人は仲良くしてくれるはずです。FXトレーダー同士、有益な情報を教えあい、支えあっていきましょう。

人脈ができあがれば、ミートアップなどに参加し為替に関する情報を交換し、交流を深めることをお勧めします。頭髪を整え、カジュアルながらフォーマル(正装)よりのなファッションで臨みましょう。

ニートFXトレーダーにおすすめのファッション

「外に出て、人と会い、投資の情報を交換する」のであれば、働かないでいいというシチュエーションは優越感以外のなにものでもありません。平日の昼に高級ホテルのラウンジでビールでも飲みながらミートアップでもすると良いでしょう。

また、ニートがFXをするなら様々な理由で、ブログを開設した方がいいです。

トレード成績はブログでうpしよう


簡易ブログでも登録制のブログでもなんでもいいですが、ニートのFXトレーダーにはFXブログを書いていくことをおすすめします。

いくつか理由がありますが、大まかには3つ

  • ・ブログはニートの業務報告
  • ・ブログはFXトレーダーとしての名刺代わり
  • ・ブログ運営が仕事になりうる
これらの大きなメリットがあるからです。しかもブログの運営にはお金は掛かりません。

順番に説明しましょう。

ブログはニートの業務報告


業務報告というのは、会社員が上司や同僚や一緒にプロジェクトを行うチームなどにどんな仕事を行ったかという業務内容を報告するものです。

会社がなぜこういう報告などの業務内容の共有は会社に必要なマネジメント(管理)システムです。マネジメントをしっかりする目的は、最終的には業績向上につながるからですね。

ニートや自営業の方にとって「ルールのない自由」という状況の大敵は、セルフマネジメント(自己管理)の難しさです。平日午前9時に業務開始のために、毎朝出社するというルールを守っている会社員がいるとします。この会社の業務開始時刻がもし毎朝10時にに変わったら、この会社員は毎朝9時に出社できるでしょうか? ルールがなくなった途端にこれを守るのはとても大変なことになります。

ニートがFXに挑むとき、このルールとノルマを自分に課して自己の業務を管理しなければなりません。これは思いのほか精神力が必要なこと。

そこで、ニートはFXの日誌を毎日、できれば日に2回ブログに書きましょう。

ブログ読者は業務を監視してくれるチェック機能

ブログの読者はあなたの仕事を見てくれている トレードを開始する前とトレードを終える時間に必ずブログにその報告を書き公開しましょう。

トレード開始前は、FXの相場やニュースをざっと眺め、相場観や今日はどんなトレードをするかの見立てなどを報告します。もし見立ての不足などがあればコメントで教えてくれるFXトレーダーの読者も期待できます。何より自分の頭の中が整理し、予定を組み立てることができます。

FXはその場その場でしかるべき判断の求められるもの、トレード前にはある程度売り買いの見立てや様々な展開を想定しておくといいでしょう。もちろんFXの相場の良し悪しよっては取引ができなさそうな日があるでしょうし、最初のころは相場観などがうまく分からないかも知れません。それでも、経済指標を勉強してみるとか、ドル円ペアだけをとりあえずフォローしてみるなどのテーマを決め、それを報告すると良いでしょう。

そうしてトレードが終わったら、その日のトレード成績や分かったこと、悪かった点、やってみたことを振り返るなど明日以降に改善できることをまとめます。FXにおいてはこのトレードの振り返りがとても大事です。

自分の選択の原因と改善点さえ特定できれば、FXの腕は必ず向上するからです。開始1時間でやる気がなくなってしまってFXを休んでしまった、ということもあり得ます。それでもすべてを正直にブログにつづっていきましょう。会社員であるならそもそも業務は基本的に監視されながら行うものです。ニートのFXトレーダーが会社員や他のFXトレーダーに対抗するためには、これくらいのことはきっちりとやっていく必要があります。

そしてこれは必ず自分のためになるはず。

とはいえ、最初はブログの読者がつかないかも知れませんよね。

大事なのはリズムづくり


それでもルーチン(毎日の決められたリズム)を守っていきましょう。読者は徐々に増えますし、ブログの読者が少ない事実より、誰も自分を見ないままニートひとりでFXに挑む方が厳しいことのはずなので。

ニートFXトレーダーであるあなたを、少なくとも必ず誰かが見ている、あるいはのちにブログの今日の記事が見られるということを自覚し、FXの成績を淡々とつけていくことが大事です。そうすることで、万が一さぼってしまったとき、FXで失敗したとき、これを改善しようという意思が強まるはずです。

こうすることでFXトレーダーとして成長するころには、自分のFX成績の記録でありFXトレーダーとしての成長記録であるブログも少しずつ読者が増えているはずです。

ブログはニートFXトレーダーの名刺代わり


もしブログやtwitterなどを通して他のFXトレーダーとの交流ができあがれば、あなたの運営してきたブログは素晴らしい名刺代わりになります。

FXトレーダーの成績を一言でいうことは簡単ですが、証明することはなかなか難しいですね。毎日のトレード記録を公開しているなら、これほど瞭然としたFX成績はありません。

優秀なFXトレーダーさえこれを見るなら話は早く、交流が円滑なものとなります。おそらくFX界隈で「〇〇ブログの××さん」という名前で知られることとなるでしょう。

この名刺があれば選択肢はより広がります。

ブログ運営はFXトレーダー以外の仕事となりうる


ブログはアクセス数さえ集まれば立派なひとつのメディアです。

TV、ラジオ、新聞、雑誌はもちろんウェブメディアも、メディアというのはうまく使えば収益をあげることができます。スポンサーを募ったり、情報やサービスを売ったり、メディア自体を売ることも考えられますね。

あるいはここで運営主であるあなた自身がFXトレーダーとして著名になることで、講義、コメンテーター、資金運用など、FXトレーダーとしての仕事を依頼されることもあり得ます。

このように、ブログの運営はそれ自体が仕事や収益となる可能性を持っています。ブログの運営自体は無料でもできるので、先に話した自己管理の意味も含め、ブログ運営はニートFXトレーダーとの相性が最高の活動なのです。


真の負けは全額溶かす大損のみ。ニートレーダー最強説

ニート最強説 さて、少し話を戻しまして、先ほど「FXをするならニートが最強」説を唱えたのを覚えていますでしょうか。いよいよこれについて話してみたいと思います。

おさらいすると、ニートのFX適性としては・・・

  1. FXは元手が少なくて済む
  2. 24時間画面に張り付いていられる
  3. 生活費がかからない
  4. FXだけに集中できる
  5. ビビリ(損失を嫌がる)
  6. 取引がシンプルな売り買いだけ
  7. ネットで情報を探せる情強
というものがありました。

ニートFXトレーダー最強説。7個の裏付け


ニートがFXに向いている理由は7個もあります。これらを順番に説明していきましょう。

1.FXは元手が少なくて済む


ニートには元手がありません。

金儲けをはじめようにも、投資ができないわけです。これはきついところですよね。

FXはその気になれば1万円でも始められます。しかし1万円からFXでお金を増やすにはかなりの技量が必要となるので、できれば5万円程度は用意した方が良いです。その理由は、FXで取引する枚数(取引高)に下限がある以上、少しでも多くの元手を用意した方が取引の自由度があがるからです。

さておき、いずれにせよできれば5万円を用意し、利益が上がるまでは最も小さな取引高で取引していきましょう。FXで利益を上げられるようになってきたら、取引高を上げ、元手も親に借りられれば借りてFXをした方が利益効率は良いです。

2.24時間相場に張り付いていられる

相場に24時間張り付くニートトレーダー 株の取引きは午前9時から午後3時まで市場が開いていますが、24時間開いているFXの市場はいつでも取引可能。仕事もなく家に24時間いられるニートはその時点で他の人間よりも圧倒的に有利です。親が買い物に行ってくれさえすれば、ニートであるなら物理的には24時間相場を見続けることもできます。

FXで勝つには、高くなるだろう通貨を買い、安くなるだろう通貨を売るというだけをすればいいですが、問題は狙った価格で売り買いできる時間がとても短いのです。理由は、高くなるだろう通貨はあらゆるFXトレーダーがすぐさま買い、値が動いてしまうからです。24時間チャートに張り付けるニートであるなら、この瞬間を逃さずゲットできる有利な立場にいるのです。

3.生活費がかからない


ニート自身が生きていくのにお金は掛かっていますが、親に養ってもらっている場合、FXで運用している資金がFXでしか減らないということになります。これはとてつもなく大きな利点となります。

24時間チャートに張り付いていられる個人トレーダーと言えば、専業トレーダーがニートのみ。このうち専業のFXトレーダーは生活費をFXで得た利益の中から捻出しています。これが意味するのは、もし専業トレーダーが500万円を運用してひと月に20万勝って資金を520万円にしても、生活費で20万円を使ってしまったらやはり来月も500万円で資金を運用しなければならいということです。

もしニートが10万円を運用して12万円にしたとしましょう。ニートはこのお金に手をつけなければ、来月は12万円で運用することができるのです。

つまりニートはほんの少しの利益だったとしても、FX利益を積み重ね、その積み重ねた利益をFXで運用することができるということ。簡単に言えば、勝てるニートのFXトレーダーはネズミ算式に資金が膨れ上がっていくという意味ですね。専業トレーダーにこのような資金の増やし方はできません。

ニートであるなら、少しの負けは痛くもかゆくもありません。元手がなくならない限り、この元手を増やす機会はなくなりません。

ニートFXトレーダーは元手の心配だけをしていればいいわけですね。

4.FXだけに集中できる


ニートFXトレーダー以外は元手の心配以外にも、もし兼業FXトレーダー(サラリーマン兼FXトレーダーなど)であれば仕事の心配をしなければなりません。

専業FXトレーダーはお金の心配、兼業FXトレーダーは仕事や人間関係の心配、しかしニートFXトレーダーはニートなのでFXの元手を増やすことだけに集中することができます。

FXはメンタルがものをいう世界でもあるので、ストレスフリーでFXに打ち込めるニートFXトレーダーはこの時点でとても有利なのです。

そしてFXで利益を上げるのに最も重要な素質は損失を嫌うことです。

5.ビビリ(損失を嫌がる)


神経質や臆病な人は、どうしても人間関係でストレスを感じることが多い傾向にあります。そのため、そういう方は職場など人が多く集う場所からドロップアウトしやすい傾向にもあります。

そういう意味で、仕事で失敗したり怠けたり怒られても何も感じないような人間より、ニートというのは責任感が強かったり臆病であるために仕事をしたくないという傾向にもあると言えます。

臆病というのは投資家になかなか向いている素質で、投資家の使命は何より先に資産を守ることが優先されます。つまり損失に臆病であれ、ということですね。そういう意味では臆病気質であるニートは、損失を嫌い堅実に資金を運用していけるタイプで、FXトレーダーには向いていると言えるでしょう。

次はFXのはじめやすさについて話します。

6.ルールはシンプル、売り買いだけ


ニートの大部分はアスペルガー症候群という分析する専門家もいるそうですが、アスペルガー症候群のなかには知能指数が高い人が多いのです。

単純なルールであるなら、そこそこの問題を素早く器用にクリアできるかも知れません。もしかするとこの記事を読んでいるニートの人も、自分に当てはまっていると考えている人もいるのではないでしょうか。

FXのルールはとてもシンプルで、売るか買うかだけです。知恵の輪のように、単純だけど難しいパズルが好きという人にはとても向いていることでしょう。傾向的に外に出て上司の指示を従うのみのサラリーマンより、ニートの方がFXを高い収益をあげられるのではないでしょうか。

7.ネットで情報を探せる情強


ニートには情報収集の時間もたっぷりあります。昼間は勤務する兼業FXトレーダーや子育てに時間を取られる主婦のFXトレーダーよりもニートの方がFXにおいて情報強者になりやすいですね。

漫然と日常生活を送る人と違い、FXトレーダーは情報から利益をあげます。つまり情報収集が収益をあげるための仕事の一部なのです。ニートというタイムフリーな状況を最大限に活かし、部屋の中からあらゆる情報へアクセスし、FXに勝つための情報を整理すれば、これまたとても有利なことですね。

いかがでしょうか。

FXにおいてこれだけ有利な状況がニートには揃っています。このページにたどり着いたニートはもしかするとFXをやった方がいいという投資の神のお告げなのかも知れないですね。

・・・なーんて虫のいいことばかり考えるわけにはいきませんね。

この章3つ目の見出し、「生活費がかからない」の項で言ったように、元手が残っているだけニートはFXでその元手を増やす機会を与え続けられます。逆に言えば元手がなくなれば終わりで、FX市場から退場、資金を再投入することでしか損失は戻りません。

大損だけは回避せよ!


ニートのFXトレーダーにとって、元手は虎の子です。なぜなら他のFXトレーダーよりもこの元手が何倍にもなる可能性が高いから(有利的な状況のため)です。

大損で元手がなくなることだけは絶対に回避しましょう。そのためには利益を安定してあげられるようになるまで、なんとしてもこのFXの元手を守ること。ニートFXトレーダーに与えられたチャンスと使命なのです。

FXの元手が1万円だろうが100万円だろうが1000万円だろうが関係ありません。いくら少なくともこの元手を守れない場合FXトレーダーの資質はないことでしょう。逆にこの覚悟があるニートが1万円を10万円に増やせたなら、10万円を100万円、100万円を1000万円に増やすことができるニートFXトレーダーなのではないでしょうか。

大損はもとより、もしFXで借金を作ろうものなら親に顔向けできなくなりそうですね。しかし心配はいりません、FXで借金を回避する裏技を教えます。


海外FXはニートの借金大損対策

借金、大損への対策 ニートがFXに挑むとき、もといニートでなくともFXに挑むとき、借金のリスクを回避したいのならとにかく海外FX業者を選びましょう。

待ってくれ、FXって借金の危険もあるのかよ? と思うニートもいるかも知れません。元手より損失が大きくなってしまう場合です。少し詳しく説明します。

FXにおける借金リスク


FXというのは証拠金を預けて、大きなお金を為替相場で運用することを言います。

詳しくはこちらの

レバレッジの意味についてを参照してみてください。

通常、自分の預けた証拠金(元手)よりFXの取引で出した損失が大きくなりそうになったら、元手を預けたFX会社が大きな損失からあなたの元手を守ってくれます。しかし突拍子もない大きな値動きがあった場合は、決済手続きが間に合わなくなる場合があります。

このとき、FXで元手以上の損失が出たとなるとFX会社にトレーダーが借金を負う形になります。

それでは、早速この借金を完全に回避する裏技を教えます。

ニートはゼロカットのある海外FX業者を使うべし


この借金は、FX会社の裁量でなかったことにしてくれるサービスがあります。これがゼロカットと呼ばれる海外FX業者のみが採用する裏技システム。

このシステムは、トレーダーから手数料をもらいながら営業をするFX会社の純粋なサービス。なぜ国内のFX業者はやらんのだと思うニートもいるでしょうが、実は国内の(古くからある)金融法ではなぜかこれが禁止されたまま。日本の金融庁から認可をもらう代わりに海外の金融庁から認可をもらった海外FX会社だけがこのゼロカットシステムを採用できます。

さて、これでニートの人がFXでFX会社に借金を被る心配を完全排除できましたね。また国内FX業者と違い、無収入でも入金さえできれば基本的には誰でも海外FXでトレードすることは可能です。

無収入でも口座開設可能な海外FX業者はこちら

ニートのみなさん、ここからは社会人としての責務である税金の話をします。


小さな失敗は恐れるな。税金払って親を安心させろ

税金対策 納税の義務ってどこか納得いかないところがありますね。

そりゃニートだって病気になれば病院に行くし、犯罪に巻き込まれそうになれば頼るのは警察、ゴミも出すし大事な人が倒れたら救急車を呼ぶかも知れませんし、家事が起きたら消防車に鎮火してもらわなければなりません。

それでも税金を払うのに納得しにくいのは、下らないことに税金が使われるからですよね。サラリーマンは給料から税金が天引きされますが、ニートがFXでお金を稼いだときは確定申告をして「税金を支払う」という行為を意識することになります。

税金を支払うことはとても立派なこと


「ニート働け」と言われる最も大きな理由は、税金を支払う能力がないからかもしれません。

みんなで使う病院、みんなで使う警察、みんなで使う救急車など、これらは収入のある人が税金を支払っているためにその機能を維持することができます。だからこそ、税金を払っていないニートに税金を支払っている人たちが偉そうにするのかも知れません。

しかし、FXでお金を稼いで納税さえしてしまえば、ニートも立派な納税者。

いくらから納税が必要か?


税金を払わなければならないのは、収入が約100万円以上になってからです。しかしそれ以下の場合、収入の低さによっては国民健康保険が安くなるので、ニートの場合は毎年確定申告はした方が実はお得だったりします。

ニートがFXで年間100万円以上の利益を上げられるようになったら、元手にもよりますが、基本的に人生楽勝モード突入だと言えるでしょう。年間100万円以上FXでニートが稼げるということは、100万円以上の元手でFXを運用できるということ。

加えて納税までして年金や国民健康保険までFXで稼いだお金で支払えば、いくらニートといえど親も安心しますよね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

本当にニートはFXトレーダーに最適な人材だと思ってもらえたでしょうか?

もう少しいうと、日本における優秀な人材はみな会社に就職したり事業をはじめたり、弁護士や医師になります。大きな利益をあげることのできるFXトレーダーに最初からなろうとする優秀な人材はもとより多くはいないのです。

ここに優秀な才能を眠らせているニートが参加すれば・・・面白いことになりそうではありませんか?

ということでとにかく借金リスクのない海外FX会社を紹介しておきます




海外FX口座おすすめランキング画像
1位 GEMFOREX
GEM FOREX
最大の魅力は1000倍というレバレッジの高さ。優秀な自動売買EAも無料で使い放題。利用者の評判が高い"今"注目の海外FX会社
2位 XM.com
XM.COM
最大888倍のレバレッジ。ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの「XMゼロ口座」が魅力的。
3位 AXIORY
AXIORY
全ての通貨においてバランスの取れた低スプレッド水準が特徴。500倍の最大レバレッジ、追証がないのが魅力の海外FX会社
4位 LANDFX
LANDFX
ドルストレートを中心に非常にタイトなスプレッド。口座開設は1時間以内で完了。入金ボーナス、リカバリーボーナスといった、嬉しいサービスも万歳。
5位 TITANFX
TITAN FX
海外FX会社でありながら、全額保証の信託保全を採用しているので安心。業界トップ水準のスプレッドと約定力も魅力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA