投稿者: | 04/01/2018

888倍のレバレッジっていったい何。どんなFX?

レバレッジ888倍 徹底解説 国内FX業者で取引をする場合、最大レバレッジが25倍なのは多くの人が知っていると思います。昔は、レバレッジ100倍で取引ができましたが現在は金融庁から規制されできません。

しかし、それは国内FX業者のみの話です。海外FX業者は違います。海外FX業者ならば、ハイレバレッジの888倍で取引できるFX業者が存在します。これらのことから海外FX業者は日本人トレーダーからも大変人気があります。

では、海外FX業者のハイレバレッジ888倍とはどのようなものなのでしょうか。レバレッジ888倍とはFXの取引でどのように役立つのでしょうか。

今回はそのような疑問を解消すべく、レバレッジ888倍について詳しく解説していきます。


レバレッジ「888倍」とは? ハイレバFXの世界


レバレッジ888倍の自由な取引 今回は世界中で人気のある海外FX業者のXMを参考にしていきます。XMでは、最大レバレッジが888倍であり国内よりもはるかに高い数字になっています。

なぜ888倍なのか?


XMはなぜ最大レバレッジが1000倍というキリのよい数字ではなく、888倍という数字にしているのでしょうか。それは、888倍というハイレバレッジがFXで無限∞の可能性を秘めているということを意味しています。

FXでレバレッジ888倍は危険だという考えをする方がいますが、そうではありません。レバレッジ888倍を有効に使えば、FXで多くの利益を生む可能性が広がっているのです。

888倍のハイレバFXの世界「圧倒的な自由度」


レバレッジ888倍はハイリスクではなく、非常に取引自由度が高く戦略の幅が広がります。具体的に数字を見ながら解説していきます。

  • 元手が10万円
  • 1ドル=100円
の条件下でFXの取引をする場合考えます。

国内FX業者で取引をする場合、最大レバレッジが25倍ですから1万通貨の取引をする時に必要になる証拠金は、4万円(1万通貨×100円÷25)となります。元手が10万ですから、スプレッドや手数料を考えないで場合でも最大で2.5万通貨の取引しかできません。1円動いても、2.5万円の額しか動きませんからあまり資金効率がいいとは言えません。では、レバレッジ888倍の場合はどうでしょうか。

レバレッジ888倍の場合、1万通貨の取引をするのに必要な証拠金は、たった1126円(1万通貨×100円÷25)となります。先ほどと同様の条件ならば、最大でおおよそ88万通貨までの取引が可能です。1円動けば、88万円の額が動くことになり資金効率が高く短期間で大儲けが可能です。

それだけではありません。最大で88万通貨を扱えますから、同時にあらゆる通貨ペアの取引もできます。つまり、その分だけチャンスが広がるという事です。

また、相場によってどこまでリスクを取ることができるかが取引量を変えることによって幅広く選ぶことができます。

ここまで見ていくと、レバレッジ888倍がいかにFXでの取引を自由にしてくれるかが分かる人も多いと思います。


強制ロスカットを回避! 証拠金の計算をしっかり

ロット管理でロスカット回避 さらにレバレッジ888倍について詳しく見ていきます。

ハイレバレッジの方がロスカットされにくい


レバレッジ888倍のメリットはFXで取引自由度が高いだけでありません。レバレッジ888倍によって、ロスカットされる確率を低くすることができます。今回は少し変えて、

  • 元手5万円
  • 1ドル=100円
  • 1万通貨の取引
の条件下で考えていきます。レバレッジ25倍ならば先ほどと同じで必要証拠金は4万円です。余裕資金は1万円しかありませんから、1円反対に動いた場合、ロスカットされてしまいます。

しかし、レバレッジ888倍ならば必要証拠金が1126円ですから、余剰資金が4万8874円になります。約5円動かないとロスカットされない計算になります。

ここまで見ていただくと、レバレッジ888倍というのがFXでどれだけ優れているのか気付いた人も多いのではないでしょうか。ですが、FXでレバレッジ888倍の取引をする際に気を付けなければいけない点があります。

ロット管理できない人が死んでいく


先ほども述べましたが、元手が5万の場合レバレッジ888倍ならば最大でおおよそ44万通貨分の取引ができます。マックスまでポジションを持てば、得られる利益も大きいですが、損する額も大きくなるのでハイリスクハイリターンな取引になってしまいます。

このような取引は額が大きくなればなるほど危険な取引となり退場するリスクが増大します。レバレッジ888倍が危険だという認識が生まれる原因がここにあります。

ですから損を小さくしFXで退場しないためには最大までポジションを持つのではなくロット数を管理するのが必須になります。

証拠金と取引高(ロット数)で実効レバレッジを計算調整


FXで大損をしないための第一歩として、実効レバレッジを意識した取引をするといいです。

実効レバレッジとは、今持っている資産とポジショの損益を加味した金額に対して、何倍の取引をしているかを表すものです。計算式は、

(取引量×現在のレート)÷(資産合計+ポジションの損益)

という形になります。この計算によって、より今自分がFXでどれだけ大きな額の取引をしているかが分かります。

例えば、10万通貨、現在1ドル112円、資産が10万円でポジション損益が+1万円だとした場合実効レバレッジの計算は、

(10万×112)÷ (10万+1万)= 101.8 となり

このFX取引における実効レバレッジは、約約102倍という事になります。

またポジション損益が足されていますが、もし先ほどの条件でポジション損益が-1万円だった場合、

(10万×112) ÷ (10万-1万) = 124.4 となり

この場合レートは先ほどと元金、取引量が同じであるにも関わらずレバレッジが約20%ほど高くなります。

とにかく取引高を抑えればOK


このように実効レバレッジを具体的に計算することによって、自分の取引高が明確になります。

レバレッジ888倍はFXで非常に魅力的です。しかし、レバレッジ888倍はハイリスクハイリターンだと思われがちです。その解決策として、レバレッジ888倍でFXの取引をする際は、取引高を抑えるとリスクを限定する事ができます

先ほどの紹介の通り、レバレッジ888倍ならばレバレッジ25倍に比べ有効証拠金に余裕が生まれます。そのことで、他の通貨ペアの取引や、よりロスカットを防ぐための手段として有効です。

また、一度FXで大きな損をすると取引できる通貨量が減るため、それを取り返すことは簡単ではありません。

これらの点から、FXでは実効レバレッジを意識し、取引高を抑える取引をすることで堅実に資産を増やすことができます。


「XMで出来る」超ハイレバFXの手法を紹介

ハイレバレッジのFX 手法 ここまで見ていただくと、FXでのレバレッジ888倍がいかに便利か気づいた人も多いのではないでしょうか。

次に国内FX業者ではできない、XMだからこそできるレバレッジ888倍を使った取引を紹介します。

指標トレード×ハイレバレッジの威力


レバレッジ888倍の取引をする時に、指標時にポジションを持つと絶大な威力を発揮します。より具体的に見ていきましょう。この手法はレートが激しく動けばよりいいので、米雇用統計を例に出して説明します。

雇用統計と言えば、毎月の第一金曜日に発表があり、お祭り騒ぎのようにFXの為替レートが動きます。この際に、レバレッジ888倍かつ、口座に少額の資金を入れ、ポジションを持ちます。

そうすることで、予想する方向にレートが動いた場合、うまくいけば莫大な利益を狙う事ができます。より具体的な数字を見ていくために、2017年10月6日(金)にこのFX取引をした場合を考えます。

ドル円が1ドル=113.3円で、レバレッジ888倍、元金15万円だとします。この時、必要証拠金は1万通貨で1126.13円になります。ですから、最大約100万通貨の取引が可能です。

この日は雇用統計発表によって約50pipsに上がりました。ですから、発表前に最大ポジションを持っていたと、約50万円の利益を出せたことになります。

元手が15万で、約50万の利益ですからかなり資金効率がいいですよね、FXで888倍のレバレッジを掛けてトレードをするとこのように短期間で大きく稼げます。レバレッジ888倍でFXの取引をすることは、宝くじよりも夢があると思いませんか。少ない資金かつ短期間で稼ぐことが可能なことがレバレッジ888倍の魅力ですね。

防御力は紙切れ


しかし、この際に注意しなければいけないことは、予想に反した場合ですよね。先ほどのFX取引は予想が当たったため利益を生み出すことができました。しかし、FXのレートが予想に反した動きをした場合、損をしてしまいます。

しかも、先ほどのように888倍のレバレッジでFXの取引をした場合、約15pips下がってしまったらロスカットになりFXの取引ができなくなってしまいます。

それだけではありません。実はさらに落とし穴がります。

雇用統計の結果が発表され市場予想値よりもいい数字が出た場合、レートが上がることが多いです。その点を考慮するとレートの動きをよみやすくなりますが、雇用統計発表時は世界中のFXトレーダーが取引をするため、スプレッドが広がりやすくなります。

いい数字が出てたとき、レバレッジ888倍かつポジションを最大にしてFXの取引しようとするとすぐにロスカットを食らってしまう場合があります。

ですから、レバレッジが888倍でもポジション量はある程度調整しつつ、FXの取引に臨みたいところです。

ゼロカットでオーバーキル対策


また予想に反してさらにレートが逆方向に行ってしまった場合はどうなってしまうのでしょうか。

国内FX業者ならば、ロスカットができず口座残高がマイナスになってしまう場合があります。つまり、借金を背負うことになるということです。

しかし、XMならばその心配はありません。XMにはゼロカットシステムという便利なものがあります。ゼロカットシステムとは、FXの取引をしている時に口座残高がマイナスになってもそれをカットしてくれるシステムの事です。

ですから、XMでFXの取引をした場合、どんなに損をしても元金以上の額を負担する必要が無くなりますから、安心してFXの取引ができます。

レバレッジ888倍で、指標発表前後に取引をする方法について見てきましたが、いかがでしょうか。FXだけでなく投資において重要である、ローリスクハイリターンの取引がこの手法を使えば可能になります。

この手法は国内FX業者ではできません。レバレッジ888倍で取引が可能な海外FX業者のXMだからこそできる手法です。ここまで見ると、レバレッジ888倍かつゼロカットシステムがあるXMが魅力的に見えてきた人も多いのではないでしょうか。XMの魅力はそれだけではありません。まだまだ国内FX業者にはない魅力であふれています。

海外FX業者だとなじみがない日本人FXトレーダーも少なくないではないでしょうか。そこで最大レバレッジ888倍が特徴であるXMについて、わかりやすくまとめました。興味が持った人はぜひどうぞ。

人気No.1 レバレッジ888倍 XMについて


まとめ


最大手の海外FX業者であるXMのレバレッジ888倍の魅力について見てきましたが、いかがでしたか。今回の記事を簡単にまとめると、

レバレッジ888倍のFXは・・・

  • 取引自由度が高い
  • ロスカットされにくい
  • ハイレバならではの手法が使える
となります。

FXは短期間で大きな利益を出すことができる投資として広く知れ渡っています。しかし、FXは魅力の一つであるレバレッジの扱いを間違えると地獄を見てしまうことがあります。その代表例が有名なスイスフランショックです。この時に、国内FX業者で取引をしていて借金をしてしまう人がたくさんいました。

しかし、XMでは最大レバレッジである888倍で取引をしてもゼロカットシステムがあるため借金をすることはありません。いつ次にこのように暴騰、暴落がくるかわかりません。この時に備えてXMでFXの取引をすることによって、リスクを減らすことができます。

ですから、XMでFXの取引をすることを視野に入れてみてはいかがでしょうか。





海外FX口座おすすめランキング画像
1位 GEMFOREX
GEM FOREX
最大の魅力は1000倍というレバレッジの高さ。優秀な自動売買EAも無料で使えるのが初心者には特に嬉しいポイント
2位 XM.com
XM.COM
最大888倍のレバレッジ。ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの「XMゼロ口座」が魅力的。
3位 AXIORY
AXIORY
全ての通貨においてバランスの取れた低スプレッド水準が特徴。400倍の最大レバレッジ、追証がないのが魅力の海外FX業者
4位 LANDFX

LANDFX
ドルストレートを中心に非常にタイトなスプレッド。口座開設は1時間以内で完了。入金ボーナス、リカバリーボーナスといった、嬉しいサービスも万歳。
5位 TITANFX
TITAN FX
海外FX業者でありながら、全額保証の信託保全を採用しているので安心。業界トップ水準のスプレッドと約定力も魅力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA