投稿者: | 08/08/2017

放置FXで稼ぐ手法とは?

放置FXで稼ぐ方法 FXのチャートをずっと見ながらトレードしていると、

「いつも損が出ているとき決済しちゃう」
「FXを放置すると強制ロスカットされる」
「FXで取引するほど損していく」
「自分が決済したあとに予想したとおりに値が動いていく」

など・・・
似たFXのトレード経験ってありませんか?

これはFXでトレーダーが良く陥る悪循環です。

トレードを放置できずに、トレード中ついついチャートを見すぎてしまう人も多くいます。

FXのトレードで勝つためには強靭な精神力が必要です。

その瞬間、その瞬間で利益が出たり損失が出たりすることに強いストレスを感じ、FXトレードを行う判断力が無意識に失われていってしまうことがあります。

FXで最も良いのは、最初の予想通りにFXのトレードをすること。

ポイントとしては、放置していじくらないこと。

基本的には、エントリーしたらチャートを見ず放置することが、精神衛生上最も的確な判断をできる状態です。

今回は、FXを放置したままで儲けるこのトレード手法について簡単に説明します!


なぜ儲かる?放っておくだけのトレード


FXでポジションを持つと、とにかく為替レートが気になってしょうがないという人は多くいます。

これは、FXを放置したままのトレードで大きな損が出たらどうしようという不安な心理状態を示しています。

実は、この精神的な不安が強い状態というのは、判断力がとても鈍っている状態なのです。

FXと関係ない話なのですが、一時期オレオレ詐欺の手法に、

・お子さんが事故を起こして加害者になった
・被害者は亡くなり、お子さんが逮捕された
・保釈金をすぐ払わないと弁護できない


というものがあったそうです。

この要求は滅茶苦茶でも、動揺した親御さんは支払い要求に応じてしまうようです。

これは相手の心理状態を不安にさせ、判断力を鈍らせる狙いがあったわけです。

少なくとも、親ならこんな状態を確認せず放置することはできませんよね。

これはトレードを放置できず、FXで損失が不安になるのもこれにとても似ています。

対処法は、FXのチャートを見ないでトレードを放置しておくことが有効です。

FXを放置することで、精神状態を健全に保つことができるからです。


待つことが大事


FXで損失が出たときは、放置したままだと損失が大きくなってしまうのではないかという不安に襲われます

今すぐこのトレードをどうにかしたいという不安と戦わなければなりません。

しかし、自分の予想が「相場は上がる!」というものなら、一度下がったあとに上がるなど、遅れて予想が当たることはよくあることです。

これについては、経験のある人も多いのではないでしょうか。放置しておけば利益が出たという事ですね。

それなのに、こういう時こそ放置できず、損切決済してしまうことがあります。

そうなるとFXの不満足な結果を受け入れられず、すぐにエントリーし、トレードをしてしまうのではないでしょうか?

そうしてトレードを行うと、さっきのエントリーの方が良かった、という事態もよくあります。


いじるほど損をする


FXのトレードは、1日に何回も何十回もできるものではありません。

その度に手数料やスプレッドが費用として掛かりますし、そんなに良いエントリーポイントというのはたくさんくるものじゃありません。

悪循環に陥っている状態でFXをしても、トレードをするほど損がどんどん積み重なっていきます

FXで大事なことは、

  • エントリーはここぞというとき
  • エグジット(決済)もここぞというとき
この二つ。それまでは基本的に、待ち=放置が必要なのです。

むやみにFXのトレードをいじくりまわして、損を積み重ねないようにしないといけません。

基本的には、

  • エントリーポイントが来るまで放置
  • 期待の結果になるまでトレードを放置
放置は大事なことです。


FX放置で儲ける簡単手法


FXで放置して期待の結果を待つ方法は、意外と簡単にできます。

では、やり方を説明しましょう。


ポジションを持って放置するだけ


基本的には、今後下がるだろう、今後上がるだろうというあたりをつけたら・・・

  • エントリー(低ロットで)
  • 利益が出るまで放置
トレードはこの二つだけです。チャートを見てはいけません。

とにかくFXを忘れて放置してください。

数時間から1日程度FXを放置して見ると、自分の予想通りになっていれば儲かっているはずです。

この間無駄なエントリーや決済などのFXのトレードをせずに済みますね。

ポイントは、FXの値動きは意外と予想通りになるものだという点。

低ロットの意味や、放置FXにおける低ロットの重要性、放置FXではどれくらいのロットで持てばいいかと言うのは今から説明します。


低ロットで行うこと!


FXにおける低ロットというのは、少ない取引高という意味です。

1ロットというのは、

〇国内FX口座:1ロット = 100万円
〇海外FX口座:1ロット = 1000万円


ということになります。

目安としては、

入金額 ロット数
国内FX口座 1万円 0.1ロット
10万円 1ロット
100万円 10ロット
海外FX口座 1万円 0.01ロット
10万円 0.1ロット
100万円 1ロット
となります。

これくらいの低ロットで行えば、余裕をもって放置FXトレードができます。

「低レバレッジが良い」と言う人もいますが、実は、放置FXトレードは何よりも低ロットで行うことが大事です。

その理由をこれから見ていきましょう。


低レバでなく低ロットが成功の鍵

ハイレバレッジ&低ロットで行う! ロット数が大きいまま放置トレードをすると、損がとても大きくなったり強制ロスカットされたりする危険があります。

その理由について、これから説明していきます。


レバレッジの大きさと必要な証拠金の大きさを比較


レバレッジという意味をおさらいすると、レバレッジとは証拠金の何倍でトレードをできるかという意味。

逆に言うと、レバレッジとはトレードをするのに必要なFX口座内の証拠金を計算するものなのです。

少しややこしく聞こえますが、大事なことはレバレッジが低いほど、FXのトレードに必要な証拠金は大きくなるということです。

簡単に言うと、レバレッジが低いほどFX口座に多くお金を入れなければいけないということ。

では、1,000万円のトレードを行う場合、どうなるか表で見てみましょう。

レバレッジ 必要証拠金
25倍 40万円
100倍 10万円
250倍 4万円
1000倍 1万円
このように、レバレッジが低いほどトレードに必要な証拠金は大きいということです。


低レバでなく低ロットが大事な理由


つまり、レバレッジが低いほどトレードは安全というわけではありません。

FXのトレードで生じる利益や損の大きさは、レバレッジの高さに無関係で、ロット数の大きさに関係があります。

ロット数さえ低ければ、放置していても損が大きくなりすぎることは絶対にありません。

何よりもロット数が大きいと証拠金が足りなくなり、放置していても利益が出る前に強制ロスカットされてしまう危険があります。

もったいないを排除するための放置FXトレードなのに、強制ロスカットされてしまうのはとてももったいないことです。

それでは、なぜ低レバの方が強制ロスカットされやすくなるのでしょうか?


ハイレバの方がロスカットされにくい = 安全


強制ロスカットとは、必要証拠金に比べてFX口座の中の証拠金が少なくなっている状態で起こります。

これもややこしく聞こえますが、簡単に言うとレバレッジが大きいほど同じお金のトレードなら強制ロスカットされないというという意味です。

ロスカットされるのはレバレッジが低かったからということですね。

したがって、放置FXトレードに関わらず、ハイレバレッジで低ロットが選べる海外FXの方が安全性は高いと言えます。

ハイレバ・低ロットのFX業者はこちら!


指値と両建で安心トレード


いくら低ロットが安全とは言え、値動きはどのようになるか分かりません。

そこでより安全な放置トレード、より儲けの大きな放置トレードを実現するために

  • 指値
  • 逆指値
  • 両建て
を駆使すると良いでしょう。


指値を使って利益を取る


指値とは、自分の狙った値段になったときに自動で利益を確定してくれる注文を言います。

FXのトレード中利益が大きくなっているのに、忙しくてトレード画面にログインできないときありませんか?

そのままトレードを決済できず放置、利益が少なくなってしまう時もありますよね。

指値を設定しておけば、設定した価格でトレードを自動決済してくれます。

つまり、ポジションを持って放置したままでも、利確ポイントを逃さないようにトレードをすることが可能です。


逆指値を使って損を小さく


逆指値は、指値とは反対に自分の予想と反対に値が動き、損が出てしまったときに機能します

損が大きくなりすぎないように、指定した値段で自動で損切確定をしてくれる注文を逆指値と言います。

ここまで動いたらもう戻ってこないな、という点を設定しておけば、いくらFXを放置していても大損することはありません。

放置FXトレードに関わらず、プロのトレーダーは逆指値を必ず注文します

FXでは何が起こるか分からないので、いつも必ず逆指値を入れるようにしましょう

特に放置するトレードでは必須だと言えるでしょう。

ここに買いでエントリーしたときの、指値と逆指値をイラストにしたので参考して見て下さい。

指値と逆指値
海外FX口座で使われる取引ツールMT4ならエントリーのラインを、

  • 利益方向にドラッグすれば利確の指値
  • 損失方向にドラッグすれば損切の逆指値
という簡単な操作になります。ご参考までに。


両建てでポジションをロックする


両建てとは

  • 買いポジションを持っているとき売りポジションを持つこと
  • 売りポジションを持っているとき買いポジションを持つこと
という意味です。

これをすると、いくら激しく値が動いても含み益や含み損が固定することができます。

つまり、放置していても絶対損が大きくなったりしないということ。反対に放置していても利益が大きくはなりませんが。

放置FXトレードに関わらず両建てをするメリットは、

  • ゆっくり時間をかけて判断できる
  • 相場から長く離れても安心
という2点があげられます。

デメリットをあげるなら、

  • スプレッドや手数料が掛かる
  • 禁止しているFX会社がまれにある
という点です。

最近では、ほとんどのFX会社が使えるのでそこまで気にすることはありません。

いかがでしたでしょうか?

FXのリアルタイムチャートが気になりすぎてうまくいかない人は、とにかく

  • ・低ロットで
  • ・ポジションを持って
  • ・逆指値を入れて
  • ・放置!
をしてみましょう。計画通りのトレードが出来ますし、精神的な負荷も減らすことができますよ!

レバなし・放置トレードの詳細はこちら


海外FX口座おすすめランキング画像
1位 GEMFOREX
GEM FOREX
最大の魅力は1000倍というレバレッジの高さ。優秀な自動売買EAも無料で使い放題。利用者の評判が高い"今"注目の海外FX会社
2位 XM.com
XM.COM
最大888倍のレバレッジ。ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの「XMゼロ口座」が魅力的。
3位 AXIORY
AXIORY
全ての通貨においてバランスの取れた低スプレッド水準が特徴。500倍の最大レバレッジ、追証がないのが魅力の海外FX会社
4位 LANDFX
LANDFX
ドルストレートを中心に非常にタイトなスプレッド。口座開設は1時間以内で完了。入金ボーナス、リカバリーボーナスといった、嬉しいサービスも万歳。
5位 TITANFX
TITAN FX
海外FX会社でありながら、全額保証の信託保全を採用しているので安心。業界トップ水準のスプレッドと約定力も魅力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA