投稿者: | 27/01/2017

スワップが狭いFX業者の特徴

JFXの評判は?

「JFXってどんなFX業者なんだろう・・・」

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

このコンテンツではなんとなくJFXという国内のFX業者が気になるあなたのためにJFXのサービス内容についてまとめています。このコンテンツに目を通しますとJFXがどんなFX業者なのかが分かります。


JFXのFXサービスの特徴

JFXサービスの特徴

JFXのFXサービスはMATRIX TRADER(マトリックストレーダー)と呼ばれています。そんな特徴があるJFXの取引環境についてまとめてみました。

通貨ペア数 24通貨
取引手数料 0円
入金手数料 クイック入金0円
  振込入金の場合は手数料が発生
出金手数料 0円
最低取引単位1000通貨単位
  *スエクロ/円、ノルクロ/円のみ1万通貨
注文種類 22種類
テクニカル指標 36種類

ここで一覧にしましたようにJFXは24種類の通貨ペアを扱っており、取引単位は1000通貨となっています。利用可能な通貨ペアは多く、取引単位が少ないことに加えて入金手数料と取引手数料がかからないので人気があります。

次に他のFX業者のサービスと比較した上で際立つJFXのトレード環境の持ち味について説明していきます。

多くのトレーダーから選ばれるJFXの特徴とは?


他のFX業者にはなくてJFXのトレード環境に見受けられる7つの特徴についてまとめてみました。

  • スプレッドが業界最狭水準
  • 約低スピードがトップクラス
  • マーケットのプロによる相場解説
  • モバイルでの取引環境が良い
  • 豪華なキャッシュバック
  • 余計な手数料がかからない
  • スキャルピングやクイック注文が可能

ここで一覧した中で特に際立つのは約定力の高さとスプレッドの狭さです。

JFXは約定成功率が99.9%であり、平均的な約定スピードは0.001秒となっています。この数値はどちらも国内のFX業者の中で最高の水準となっているので約定力の高さは注目に値します。

もうひとつのスプレッドは固定スプレッドが採用されており、米ドル・日本円のスプレッドが0.3銭と国内のFX業者の中で最も狭い水準になっています。JFXのスプレッド単価のより詳しい説明につきましてはこれから紹介していきます。


スプレッド単価と手数料を厳選紹介

JFXのスプレッド単価と手数料

ここではJFXが提供している24種類の通貨ペアの中で特に人気がある6種類の通貨ペアの標準スプレッドを一覧にしてみました。

通貨ペア標準スプレッド
米ドル/円0.3銭
ユーロ/米ドル0.4Pips
ユーロ/円0.5銭
豪ドル/円0.8銭
ポンド/円1.3銭
NZドル/円1.3銭

JFXは固定スプレッド制を採用していますので原則として今回紹介した6種類の通貨ペアの標準スプレッドは動きません。このスプレッドの中でも米ドル・円、ユーロ・米ドルといったメジャーな通貨ペアのスプレッドの狭さが際立ちます

それにJFXは各通貨ペアのスプレッドのレートを下げることが出来るキャッシュバックキャンペーンを提供しています。このキャッシュバックキャンペーンを利用しますと主要な通貨ペアのスプレッドがどのように変わるのか見ていきます。

キャッシュバック利用時のスプレッド単価


ここではJFXの6種類の主要な通貨ペアのキャッシュバック利用時の実質スプレッドについてまとめてみました。

通貨ペアスプレッド単価他社業者
米ドル/円0.267銭0.3銭~1銭
ユーロ/米ドル0.37Pips0.48Pips~1.0Pips
ユーロ/円0.4銭0.6銭~2.0銭
豪ドル/円0.7銭0.7銭~2.0銭
ポンド/円1.2銭1銭~4銭
NZドル/円1.3銭1.3銭~6銭

キャッシュバックキャンペーンを利用した際のJFXのスプレッド単価は他のFX業者の標準スプレッドを大きく下回ります。このスプレッドの狭さは頻繁にトレードを行う人や少ない資金でFXに取り組みたい初心者トレーダーとの相性が抜群です。


ロスカットの発生タイミング

FXで成功するためには「ロスカット」の発生タイミングについて知っておく必要があります。そこでここではJFXのFX口座のロスカットの発生タイミングについて紹介していきます。

ロスカットはいつ発生するのか?


JFXのロスカットの発生タイミングとロスカット発生時の手数料についてまとめてみました。

ロスカットの発生タイミング 有効比率が100%未満
ロスカット手数料 無料

ロスカットの発生タイミングである有効比率100%未満というのは、FX口座の有効証拠金が必要証拠金を下回った時点のことを指します。この話を聞くと「有効証拠金?」、「必要証拠金?」となると思いますのでそれぞれ説明していきます。

有効証拠金とは預けている証拠金の評価損益の合計金額のことです。例えば5万円の証拠金でFXに取り組み、FXで2万円の含み損を出した場合ですと有効証拠金は3万円となります。(5万円-2万円)

もう一つの必要証拠金というのは、既に持っているポジションに対して必要な証拠金額のことを指します。JFXの場合は最大レバレッジが25倍ですので取引額の25分の1の金額が必要証拠金になります

仮に10万円に相当する外貨を買った場合ですと必要証拠金は4千円、購入金額が100万円のケースですと4万円となります。ロスカットの発生タイミングは証拠金の有効比率が100%を切ったときですので有効証拠金が必要証拠金を割り切るとロスカットになります。

ロスカットの判定と発生タイミング

JFXでは数秒(1秒~10秒)ごとにロスカットを判定しています。もちろん何の連絡もなくいきなりロスカットが発生するわけではなく有効比率が200%未満になるとまずはアラートメールを送ってくれます

さらにFX口座の中の証拠金が減り、有効比率が100%未満になるとJFX側のロスカット判定が行われ次第、ロスカットが執行されます。証拠金の有効比率が100%を切らない限りロスカットが発生しない上にロスカットのリスクが高まると事前に連絡をくれるという点は他のFX業者にはないJFXの持ち味です。


口コミ評判から見るJFXの魅力

JFXの魅力のまとめ

気になるJFXの口コミ評判から見る魅力について紹介します。まずはJFXのFX口座を利用している人達の口コミをまとめてみました。

  • スプレッドが狭いのでコストが気にならない
  • 食品のプレゼントが嬉しい
  • 約定スピードが速い
  • 約定率が高い
  • チャートのカスタマイズ機能がありがたい
  • チャート上から発注ができるので使いやすい
  • 入出金の手数料が無料なのは正直ありがたい

特に通常のスプレッドの狭さに加え、キャッシュバックを活用した場合のスプレッドの狭さが評価されています。顧客還元度の高いFX業者と言えます。

その他の点に目を移しますと取引ツールの使いやすさと約定力の高さに関する評価の高さが目立ちました。スプレッドが狭く、約定力が高く、取引ツールが使いやすいという3つの点が口コミを見る限りでのJFXの持ち味と言えます。

JFXの唯一の課題とは?


ここまでJFXのトレード環境の特徴についてまとめてきました。ここまで見てきましたようにJFXは優れたサービスを提供しており、利用者の評判も高いので国内のFX業者の中でトップクラスに優良なFX業者と言えます。

そんな質の高いFXサービスを提供しているJFXにも1つだけ課題があります。それは何かというとJFXが国内のFX業者であることです。

実はFX業者には国内業者と海外業者があり、全般的に国内業者のサービスは海外業者のサービスに見劣りします。この点を考えるとJFXでFX口座の開設に取り組む前に海外FX業者と国内FX業者の違いについては頭に入れておくことをおすすめします。







海外FX口座おすすめランキング画像
1位 GEMFOREX
GEM FOREX
最大の魅力は1000倍というレバレッジの高さ。優秀な自動売買EAも無料で使えるのが初心者には特に嬉しいポイント
2位 XM.com
XM.COM
最大888倍のレバレッジ。ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの「XMゼロ口座」が魅力的。
3位 AXIORY
AXIORY
全ての通貨においてバランスの取れた低スプレッド水準が特徴。400倍の最大レバレッジ、追証がないのが魅力の海外FX業者
4位 LANDFX

LANDFX
ドルストレートを中心に非常にタイトなスプレッド。口座開設は1時間以内で完了。入金ボーナス、リカバリーボーナスといった、嬉しいサービスも万歳。
5位 TITANFX
TITAN FX
海外FX業者でありながら、全額保証の信託保全を採用しているので安心。業界トップ水準のスプレッドと約定力も魅力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA