投資の考え方

投資をしない日本人 その理由を徹底追及

投資嫌いの日本人

日本人は投資が下手?

日本人に投資家が少ない理由の画像

日本人は“投資が下手”と言われています。
文字にするとかなりストレートな言葉ではありますが、実際に、否定する人は少ないと思います。

「お金は労働で稼ぐもので投資は不謹慎だ」
「投資で稼いだお金はあぶく銭」
「投資は危ないものだ」

投資をすることに対して、このような印象を抱く方もまだまだ多くいると思います。

この記事を読んでいる皆様も程度の差はあれ、こういった意識はどこかにあるのではないでしょうか。

このページでは、投資と日本人の関係についてお話ししていきます。

まずは、日本人が投資に向かないと言われている理由についてお話します。

投資は日本人に向かない?

日本人に投資家人口が少ない原因の画像

日本人は本当に投資に向かないのでしょうか。
世界では投資は個人法人問わず積極的に行われています

そもそも同じ人間で投資に対して向き不向きなどあるのでしょうか。
日本人だけが投資に向かないなんて言うことがあるのでしょうか。

結論から言ってしまうと日本人だから投資に向かないということはありません。

ではなぜ、日本人は投資に向かないと言われ続けるのでしょうか。

それは、日本人が投資に対して苦手意識が生まれる“ある理由”があります。

 

日本人は金融の教育に時間をかけない

皆さんは、学校でどんなことを勉強してきましたか?

大半の方は、国語、数学、社会、理科や英語などだと思います。
これらの勉強にはとても時間をかけて勉強をしていたと思います。

一方で、学校でお金の使い方や節約の仕方、お金を増やす方法を教わった人はいるでしょうか。

ほとんどの方は、お金について勉強する機会は無かったと思います。

日本の学校では、金融の勉強はほとんどしません。
金融というといかにも小難しく聞こえるかもしれませんが、完結に言うと、お金の使い方やお金を貯めること、お金を増やすことの勉強のことを言います。

日本人は、この金融に対する教育を受けてこなかったので投資に対する基礎知識が全くありません。

誰しも知らないことはできる訳がありません。
知らないから投資を怖いと思うのは当然です。

一方、特に欧米では、金融教育を小学校から行っています

例えば、アメリカでは小学校から「モノポリー」というゲームを使ってお金の勉強を授業で行います。
モノポリーとは、完結に述べると不動産を購入し他のプレイヤーに貸出をして収益を得ていくという「すごろく」です。
授業でこのようなゲームを用いて資産の増やし方を学習させているのです。
イギリスでも、実際の株をバーチャルで購入をし、その後、株価はどうなっていくかを追求する授業があります。
このように世界では小学校のうちから遊びを通して金融の教育を受けているのです。
海外では、金融教育を子供の時から受けているので金融リテラシーが高いと言われます。
金融リテラシーとは、金融に対する正確な知識、資産貯める方法や資産を増やす方法の知見を指します。
この金融リテラシーを高めることは非常に重要です。
投資だけでなく資産をどのように使っていくかということや資産をどうやって貯めていくのかを知ることは、生きていくうえで重要だからです。

一般的に、日本人は金融の教育を受けていないので金融リテラシーは低いと言われています。
この金融リテラシーが低さが日本人が投資に向かないと言われている要因になります。

そもそもの教育や生活から投資がかけ離れてしまっているので当然と言えば当然ですね。

労働して稼ぐのが当たり前[投資環境の貧しさ]

日本人が投資に向かないと言われているもう一つの理由が、“お金は汗水たらして働いて稼ぐもの”という日本特有の価値観です。

以前から日本では、お金は自分の力で働いて稼ぐものという美徳があります。
額に汗をかかずに稼ぐことなんて悪いことだという意識があるのです。

投資で稼ぐなんて邪道だとか、投資で稼いだお金はあぶく銭で身を亡ぼすだけといった考え方が強いのです。
このようなことを幼い頃から言われていれば、投資は悪いものと思ってしまっても無理はありません。
当然、投資に触れる機会はないまま社会に出ることになってしまうのです。
日本は、投資に触れる環境が極端に少ないことが日本人は投資に向かないと言われる大きな理由なのです。
決して、日本人が投資をすることが下手であったり嫌いであったりするわけではありません。

資産を増やすより貯める-日本と海外で比較

日本人は貯金が好きの画像
現実に、日本人が投資をあまりしないというのは数字にも表れています。

欧米諸国と比べるとその差は歴然です。

上記グラフからも分かる通り、現預金の比率は、米国は1割強、欧州が3割強となっています。それに対して、日本は5割を超えています。
これだけで、如何に日本人が保守的かご理解頂けるかと思います。
また、株式・投資信託などの資産は米国は5割弱、欧州が3割弱に対し、日本は1割程度しかありません。
これは、日本人が家計を市場を通して、経済を回す力が極めて弱いとも言えます。
近隣のアジア諸国で投資に対する水準が高い国と言えばマレーシアがあげられます。
マレーシアでは、資産の6割強が株式・投資信託に充てられています。
政府としても、少額投資非課税制度(NISA)などを通じ、個人マネーの投資への誘導を促進してはいますが、まだまだその効果は大きくありません。

それでも、なぜ日本人は投資をしないでここまで預金や貯金を行うのでしょうか。

貯金をすることによって安心感を得ている

投資は利益を生む一方ある程度のリスクがあります。
また、投資で儲けるには投資に関しての知識が必要不可欠となります。
金融を学んでこなかった金融リテラシーが低い日本人は、投資で簡単に利益を出すことはできません。
さらに、これから年金がもらえなくなってしまうのではないかなど日本の将来に不安をもつ日本人も多いです。

それらを考えると、将来に備えて貯金をしておくというのが常套手段だという結論に至ります。

日本は寄付金額も低い?その理由とは

日本人は寄付も嫌い?画像

これまでの前提を考慮しつつ、日本人は出費が嫌いでケチだと世界中の人から見られています。
実は、日本人の金融資産に占める預貯金の比率の高さは先ほど述べた通りですが、海外諸国に比べて寄付や募金はあまりにも少ないのです。

海外は寄付も多い?

アメリカの著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏は、投資によって巨万の富を築きました。
その傍ら、彼は自身ですべてを貯め込むようなことはせず積極的に慈善事業に寄付を行っています。

2017年には、ビル・ゲイツ氏率いる慈善団体などになんと3,600億円超の寄付を行いました。
日本では聞いたことのないような金額です。

日本人はケチ?原因は?

日本人は出費を嫌い、世界的に見ても寄付や募金が少ないというのは事実です。
また、日本人は飲み会の時によく「割り勘」をしますよね。
日本人には主流な割り勘という文化も他国の人から見れば器が小さいと見られることもあるでしょう。

しかし、これは日本人の性格がそもそも悪いからのでしょうか。

そういうわけではありません。“おもてなし”という日本語が世間をにぎわせたように、日本人は他人への思いやりや配慮があるのです。

実は割り勘と、金融リテラシーが低いという事には密接な関係があると言われています。

出費が嫌いという事は、資金が他へ流動してしまう事を恐れる事ですよね。

つまり、投資をする上で大事な資金管理という能力がないからだという事です。
資金管理の仕方が分からないという事は、いつどれだけ収入が入り、どれだけ出費するのかを計算することができないということになります。

これは先ほど述べた金融教育を日本人が受けていないから資金管理ができないのだという事になります。
つまり…

  1. 金融教育を受けていない
  2. 資金管理ができない
  3. いつ出費するかわからない
    よって、貯金をしなくてはならないというバイアスが強く働いているということになります。

また、日本人の金融リテラシーの低さによってある行動も説明できます。

年末になると、宝くじを求め多くの人が並んでいる光景をよく見ますよね。
これも日本人が金融リテラシーが低いから取る行動であると言われています。

宝くじの1等は2億円~3億円という巨額の数字で平均的なサラリーマンが生涯で稼ぐ金額です。

1口200円~300円と誰でも参加できることから魅力的に見えてしまいます。
当たる確率が低いのに、1等が当たったら仕事を辞めて海外に住んで…….。
と夢を膨らませている人も大変多いです。

しかし、還元率を考えれば宝くじが割に合わないものだとすぐに気づくはずです。
なぜなら、宝くじの還元率は50%以下だからです。
簡単に言うと、宝くじは買った時点で平均半額以上は損するようにできているのです。

ちなみに、日本の中で、最も人気のある宝くじ「年末ジャンボ宝くじ」
2018年の1等当選金額は7億円でした…

しかし

その当選確率は2,000万分の1となります。
パーセントにすると、0.000005%です。

もう当たりません。と言えるレベルです。

 

貯金⇒資産運用へ【意識を変えて金銭的優位に立つ】

貯金から投資へ画像

先ほども紹介した通り、日本人はどうしても貯金脳になりがちです。
しかし、貯金脳から投資脳に変えることによって多くの恩恵を受けることができます。
もちろん貯金額が減るリスクもありますが、それ以上に金融への意識を変えれば将来的には利益を生み出し、金銭的な余裕が生まれます。

まずは、金融への意識を変えるために投資そのものについて考えてみましょう。

皆さんは、“投資の存在意義”について考えたことはありますでしょうか?

決して、誰かが大儲けするために創られた市場ではありません。
投資は多くの人に役立っています。
例えば株式投資について考えてみます。

ある企業が世界中の生活を便利にするものを作るという事を考えたとします。
そのアイディアはあるが、お金が足りないという場合は行動に移せないですよね。

しかし、株式投資によって資金を提供することにより、そのモノづくりが可能になります。
それがうまくいけば…

  • 1、生活が豊かになる
  • 2、企業が利益を生み出す
  • 3、配当金や株主優待を受けられる
  • 4、多くのお金が流動するため市場が潤う

というように多くの人が投資の恩恵を受けることになります。
ですから、投資とは社会的に必要な存在であるという事が分かります。

どうでしょうか。これらの事を聞いて、貯金ではなく投資をしてみたいと思いませんか?

投資は様々な種類があり、少額からできますから多くの日本人が取引可能です。
そこで実際に投資をしてみたいと思っている日本人の方のために、今回は人気のある主流な投資を簡単に紹介します。

それぞれには異なった特徴がありますから、投資をする際の参考にどうぞ。

株式投資

投資と言えば、株が一番有名ですよね。

株は会社が発行する株式を取引して取引差益で儲ける投資です。株の魅力は、先ほども紹介したように株式を一定期間保有していると配当金や、株主優待を受け取ることができます。
さらに頻繁に売り買いをしない限り、基本株式を保有しているだけですから、チャートを1日中見ている必要はありません
しかし、株は100株から購入する事が基本ですから、多くの銘柄から選択することを考えると、50万円~100万円くらいから始めるのが良いです。
そのことを考えると、日本人の誰でもができるわけではありませんね。

仮想通貨

もっとも有名なビットコインは1年で価格が約20倍にもなりました。

こちらはFXとは異なり、レバレッジをかけない限りトレード技術が必要ありませんから、買うだけで利益が生じます。
このことを考えると、株よりも伸び率が期待できるので少額でもビットコインに投資してみてはいかがでしょうか。

また仮想通貨は暴落や暴騰がよくありますから、リスク回避のために仮想通貨の情報を常に取り入れなければなりません。

また、仮想通貨と言ってもそれぞれに異なった性質や特徴があるので、そのことについて勉強して投資すると、より利益を生み出せる確率が上がります

FX

FXは2か国間の通貨を取引し、取引差益によって儲けることができます。FXはレバレッジをかけて元金以上の取引ができることが最大の特徴です。

こちらも取引差益だけでなく、スワップ金利という2か国間の金利差から生じる配当金のようなものもあります。

FXは24時間取引が可能ですが、為替レート変動が大きい時間(17時~1時)を狙って取引をすれば良いため、FXもずっとチャートを見ている必要はありません。

こちらは少額の5万円~10万円から取引ができますので、多くの日本人におすすめの投資です。

FXには国内と海外の口座がありますが、より少ない金額かつ低リスクでFXの取引をしたい場合は海外のFX会社がおすすめです。

海外FX会社は、ハイレバレッジで取引が可能で、日本人だけでなく世界中のFXトレーダーが取引しやすいような環境を整えています。しかし、海外FX会社というとあまり知らない人が多いと思います。

当サイトでは、様々な海外FX会社については多くまとめてありますので、どうぞご参考にしてください。

人気のFX会社一覧はこちら

これはほんのひと例で、投資の種類は他にもさまざま存在します。

日本人と投資に関してのまとめ

従来、美徳とされてきた日本特有の貯蓄の概念が、実は経済巡回の足枷になっています。
一方で、老後2,000万円問題は、2019年を生きる私たちにとって、大きな衝撃であり、ひとつの問題提起となりました。
つまり、このままでは、老後は生きていけない。国は保証してくれない。
では、何をすべきか、今迫られているのではないでしょうか。
かといって、金融の教育を受けていない日本人にとって、投資は恐ろしいものという意識が拭い去れないのも事実です。
とは言え、国が保証してくれない以上、わたしたちの未来は、私たち自身で守るしかありません。
国が匙を投げた今こそ、日本人特有の勤勉さを活かし、投資に乗り出す時が来ていると言えるのではないでしょうか。