投稿者: | 22/10/2018

大学生は海外口座でFXを運用してお得なボーナスを獲得

ボーナスでFX画像 最近ではテレビやCMでもよく見かけることが多くなったFX

それだけ、多くの人に親しまれている投資だということでしょう。

事実、大学生や主婦の間でもFXが流行っています。

そんな人気のFX。

国内口座で運用している人が多く、海外口座で運用している人は少ないそう。

「日本のサービスの方が安心」と皆さんは考えるようですが、実は海外口座の方がメリットは多いのです。

海外口座にはトレーダーを守るゼロカットや、お得なボーナスが充実していて安心してFXを運用することができます。


そこでこのページでは、海外口座と国内口座を比較してまとめてみました。

最後にはおすすめの海外FX業者も紹介しているので、是非チェックしてみて下さい。


FXのトレードは海外口座で。大学生の口座開設方法とは?

FX口座開設の仕方 そもそも大学生は国内口座を開設するならともかく、海外口座を開設することは出来るのでしょうか?

ということで、ここから海外口座開設の仕組みについて触れていきたいと思います。

最初が肝心なので、しっかりチェックしていきましょう。


まず大学生は海外口座を開設できるのか?

社会人にもなっていない大学生がFXをすることは可能なのか気になりますよね。

はっきり言うと、可能です。

海外口座の開設は18歳からすることができます。

そこで必要になるものがいくつかあるので見ていきましょう。

  • 身分証明書
  • 住所証明書
  • 本人の写真

以上の3点が海外口座開設時に必要なものになります。

これだけ揃っていれば大学生でFXの海外口座が開設出来てしまうなんてとても簡単ですね。

では1つずつ詳細をみてみましょう。

身分証明書
運転免許証または、パスポートなどの写真が必要になります。

しかし、学生証は使うことができないので注意しましょう

住所証明書
公共料金領収書、クレジットカード会社や携帯電話会社の請求書などの写真または、住民票の写真のことです。

住民票では有効期限を過ぎたものは無効になるので頭に入れておきましょう

本人の写真
これは本人と一緒に身分証明書が写っている写真が必要になります。

ただ、これが必要になるのは一部の海外FX業者なので、自分が開設する海外FXでは必要になるのか確認することが必要です。

この3点だけで大学生がFXの海外口座を開設できるので、投資初心者の方でも始めやすいと思います。

一方で、国内口座の方が親しみがあるから大学生でも始めやすいという意見もあるようです。

ということで次は、CMなどで親しみのある国内口座と海外口座の違いを解説していくので見ていきましょう。


国内と海外のトレードの仕組みと特徴の違い

ゼロカット画像 FXでは国内口座と海外口座で仕組みが異なっています。

しかし、その違いを知らずにFXを行っている大学生はたくさんいることでしょう。

そこでここからは、国内口座と海外口座の仕組みの違いについて解説していきます。

これを理解すれば、大学生が効率的にFXを運用するためのカギとなるはずなので注目してみていきましょう


ロスカットとゼロカット

日本のFXではトレーダーを守るという名目でロスカットと言われる仕組みを取り入れています。

しかし、上記でも書いた通り追加証拠金や、ロスカットされない状況があるためトレーダーの安全を守っているとは少し言い難いでしょう。

対して、海外口座ではロスカットに代わるゼロカットと言われるものを採用しており、トレーダーの安全をしっかりと守っているのです。

ではこの2つの仕組みは何が違うのか詳しく触れていきます。

まずロスカットというものは、トレーダーの損失がある基準を超えた時、これ以上の損失を出さないように強制決済をしてくれる仕組みです。

安全と思えるようなロスカットですが、相場が急変動した場合機能しなくなる危険性を持っています

また、FX業者が定める基準以下になった際に徴収される追加証拠金という仕組みも存在するため、欠点の多いものがロスカットになるのです。

対して海外口座が採用しているゼロカットという仕組みは、口座に預けている金額の範囲内に損失を押さえてくれるのです。

つまり、急な相場の変動があった場合でもゼロカットは機能し、損失に損失を重ねる追加証拠金という制度もないということになります。

そのため、強制決済の観点でいえば、国内口座より海外口座の方がトレーダーに安全なFXを提供していると言うことができるでしょう

ではこのゼロカットとロスカットの違いはなぜ起こるのか気になりますよね。

ということで次は、国内FX業者と海外FX業者の根本的なビジネスモデルの違いについて解説していきます。

しっかり理解して、大学生が海外口座を使った方がいい理由を深いところまで落としていきましょう。

ビジネスモデルの違い

国内FXと海外FXでは当然ビジネスモデルに違いがあります。

そのため、ロスカットとゼロカットのような仕組みの違いが生じるのです。

では具体的なビジネスモデルの違いとは何か探っていきます。

まず国内FX業者はOTC方式と呼ばれる制度を採用しているのです。

OTC方式は別名DD方式とも呼ばれるもので、日本語では相対取引と言います。

これは、投資家のオーダーを注文先に通す前にFX業者が決済する制度のことです。

これでは分からないと思うので、例を挙げて説明します。

例えば、友人から指定した8000円の競馬券を買ってと頼まれ、お使いのお駄賃として2000円もらったとします。

そして、その馬券は絶対に外れると確信していた場合、当たらない馬券を買わず、お駄賃と一緒に手元に収める方が得になりますよね。

これがいわゆるOTC方式と言われるものになります。

つまり、国内FXではトレーダーが損をするほど業者の利益になるため、相対取引といった名前が付けられているのです

これで納得がいくのが、ロスカットの話ですね。

相場が急変するときが1番強制決済してほしいはずなのに、ロスカットでは強制決済が機能しなくなる時があると言います。

この点から、国内FX業者はトレーダーにどれだけ損失を負わすことができるかといったことを考えているように推測できるのです。

そのため、資金の少ない大学生が使う口座として国内FX業者をおすすめすることは出来ません。

NDD方式
これは海外FX業者が採用している制度になります。

上記のOTC方式では、トレーダーの注文を一旦決済する行為が見られましたが、NDD方式には一切その行為がありません。

そのため、海外FX業者の収入源はトレードの際にかかる手数料になります

そして、トレードをたくさん行うと利益になる海外FX業者は、トレーダーに有利なボーナスゼロカットのような制度を採用するようになるのです。

以上の点から、大学生がFXをするには海外口座を開設することをおすすめします。

そこで気になるのが、大学生におすすめの海外FX業者はどこなのかということでしょう。

ということで次は、資金の少ない大学生におすすめの海外口座を紹介するのでチェック必須です。


おすすめ業者はこの2つ

2つの業者の特徴画像 資金が少なく、何かと忙しい大学生におすすめな海外口座は2つあります。

それは、GEMFOREXXMです。

この2つの海外口座には、それぞれ大学生にうれしい特徴を持っています。

ここからその特徴について迫っていくので、しっかり見ていきましょう。


ボーナスがお得なGEMFOREX

GEMFOREXという海外FX業者では大学生にはうれしいボーナスがとても充実しています。

そのボーナスは口座開設ボーナスと、100%入金ボーナス2つもあるのです。

ではこの2つについて見ていきたいと思います。

口座開設ボーナス
このボーナスは、GEMFOREXで口座を開設した際に受け取ることができるボーナスのことです。

また、GEMFOREXでは無料で口座開設することができるため、実質無料でボーナスを受け取ることができるのです

そんな無料で受け取ることができる口座開設ボーナスは何と1万円もの金額が用意されています。

ただここで、注意しなければいけないことは、受け取った1万円のボーナスをそのまま出金することは出来ないということです。

しかし、受け取ったボーナスを使ってトレードしたお金はもちろん出金することができます。

ということで、GEMFOREXで口座開設してどんどんトレードしていきましょう。

100%入金ボーナス
この100%入金ボーナスというものは、口座に入金した金額の100%の金額をボーナスとして受け取ることができるというものになります。

つまり、大学生の方が10万円を口座に入金した場合、ボーナスとして10万円を受け取ることができるため、実際にトレードで使うことのできる資金は20万円になるということです。

そして、上記の口座開設ボーナスと合わせれば自分で出したお金の2倍以上の資金をトレード資金として使うことができるため、大学生におすすめの海外口座となります。

では、ボーナスが充実したGEMFOREXを使って効率的なFXを行っていきましょう。



次は、国内でも有名なXMという海外FX業者についてまとめていきます。

しっかりとしたサービスが売りのXMは、どんな特徴があるのか探っていので必見です。


国内でも人気のXM

国内でも1番の人気を誇るXMにはそれだけの理由があります。

それは、圧倒的な約定率です。

まず約定とは、トレーダーが注文してその注文が施行することを言いますが、XMでは100%の約定率があるのです。

この約定力は普通ではありません。

日本国内のFX業者では、80%の約定率のところもざらにあるようで、XMの約定率100%はとても強いメリットになります。

投資初心者の大学生が約定率の低い難しいFX業者を使っていても、効率的な運用にはなりません。

そのため、大学生は約定率が高く、国内でも1番人気のXMを使ってFX運用すれば、堅実なトレードが出来るはずです



ということで、以上の2つの海外FX業者が大学生におすすめなところでしたがいかがでしたでしょうか?

最後に、今までのまとめをしていきたいと思います。

次で、大学生が海外口座でFX始める時に必要なポイントを思い出してみましょう。


おさらい

大学生は海外口座画像 いままで説明してきた大学生のためのFXの仕方やポイントをここでは、1回おさらいとして確認していきたいと思います。

では、いままでのポイントは以下の通りです。

  • 安心のゼロカット
  • 海外FXは顧客の利益が会社の収益
  • 豊富なボーナスのGEMFOREX
  • 認知度の高いXM

以上のポイントを理解することで、大学生でも安全にFXを運用することができるので、しっかりチェックしましょう。

また、現役大学生でも月に何十万円も稼いでいるトレーダーは存在します

そんな凄腕大学生トレーダーも元は投資初心者だったのです。

ということは、たとえ投資初心者の大学生であっても、しっかり稼げる立派な大学生トレーダーになる可能性があるということになりますね。

1人前の大学生トレーダーになるためにも、まずFXの海外口座を開設し、ボーナスを受け取って安定したトレードを行っていきましょう。




海外FX口座おすすめランキング画像
1位 GEMFOREX
GEM FOREX
最大の魅力は1000倍というレバレッジの高さ。優秀な自動売買EAも無料で使い放題。利用者の評判が高い"今"注目の海外FX会社
2位 XM.com
XM.COM
最大888倍のレバレッジ。ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの「XMゼロ口座」が魅力的。
3位 AXIORY
AXIORY
全ての通貨においてバランスの取れた低スプレッド水準が特徴。500倍の最大レバレッジ、追証がないのが魅力の海外FX会社
4位 LANDFX
LANDFX
ドルストレートを中心に非常にタイトなスプレッド。口座開設は1時間以内で完了。入金ボーナス、リカバリーボーナスといった、嬉しいサービスも万歳。
5位 TITANFX
TITAN FX
海外FX会社でありながら、全額保証の信託保全を採用しているので安心。業界トップ水準のスプレッドと約定力も魅力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA