投稿者: | 05/09/2016

イチオシの国内業者の魅力と特徴


人気業者の評判は?

このコンテンツではSBIFXトレードというFX業者の強みと弱みについてまとめています。

「SBIFXトレードの良し悪しが気にならないでしょうか?」

この質問に対して「気になる」という答えたあなたのためにこのコンテンツがあります。実は今回紹介するSBIFXトレードは国内のFX業者の中で最も人気がある会社の1つです。

国内トップクラスの人気の秘訣はスプレッドの狭さと最低取引通貨数が少なさにあります。この話を聞くと具体的なスプレッドの単価と最低取引通貨単位数が気になると思います。

そこでこのコンテンツではSBIFXトレードのスプレッドや最低取引通貨単位といった強みについてまとめてみました。もちろん強みの他に弱みや相性の良いトレーダー像にも触れていますのでSBIFXトレードとあなたの相性が瞬時に分かります。


最大の持ち味はスプレッドの狭さ


SBIFXトレードの最も評価されている強みは、スプレッドの狭さです。

スプレッドとは何かについて簡単に説明すると、ある通貨を買った後にすぐに売った(処分する)時に発生する費用です。単純に手数料と思って頂くと分かり易いかもしれません。

ちなみにスプレッドの狭さを唄う国内のFX業者の場合、米ドル-日本円の通貨ペアのスプレッド単価を0.3銭に置いています。

一方でSBIFXトレードは、米ドル-日本円の通貨ペアのスプレッド単価を0.27銭に置いているので1通貨当たり0.03銭安いです。0.03銭と聞くとそれほど大きな額で聞こえないかもしれませんが、長いスパンで考えると大きな額になってきます。

特にデイトレードやスキャルピングのような短期型のトレードを行う人にとってスプレッドの狭さは死活問題です。スプレッドの狭さが国内のFX業者の中で最も狭いというのは、SBIFXトレードの人気を支える1つのポイントになっています。


SBIFXトレードは1通貨から取引できる


スプレッドの狭さと同じくらい注目しておきたいのが、「取引通貨単位」です。

大抵のFX会社は最低取引単位を1万通貨としています。つまり、日本円でアメリカドルを買う時には、1万ドル(日本円で約100万円)が最低取引ラインになります。

それがSBIFXトレードの場合、1通貨からFXに取り組めますので米ドル-日本円ペアの場合ですと1ドル単位から取引できます

さすがに1通貨から取引をする人がいないと思いますが、他のFX業者の最低取引単位数は1万通貨が多いことを考えると最低取引単位の少なさは注目に値します。


その他のSBIFXトレードの魅力


スプレッドと最低取引通貨単位以外のSBIFXトレードの魅力として「トレードツールの使いやすさ」と「SBIネット銀行との連携」があります。それぞれの特徴についてこれから見ていきます。

取引ツールが使いやすい

SBIFXトレードのトレードツールが使いやすいと言われる理由は、3つのポイントを同時に見ながらトレードに取り組めるからです。

SBIFXトレードのツールは、「チャート画面」、「為替レート画面」、「取引画面」の3つの構成から成り立っています。この3つは通貨の売買に取り組む際に過不足がない項目なので「売り」・「買い」のタイミングを瞬時に掴むことができます

それに必要に応じてカスタマイズもできますので利用者にとって使いやすい仕様に変えることも出来ます。瞬時に売買判断ができ、利用者に使いやすい仕様になっているので取引ツールの使いやすさも人気の理由の1つになっています。

銀行口座と連携ができる

次に銀行との連携について見ていきます。SBIFXトレードはSBIグループの中の金融機関であるSBIネット銀行の銀行口座と連携することができます。

SBIネット銀行経由で入金をする場合、即時入金や手数料が0円で入金することができます。この即時入金と手数料0円は銀行との連携ができるSBIFXトレードだからこそ提供できるユニークな持ち味です。


スワップ金利の低さには難あり


SBIFXトレードはバランスが良いFX会社なので、他者と比べて極端に弱い点はありません。その上であえて課題を挙げるとすると「スワップ金利」の高さです。

スワップ金利というのは、取引する2通貨のうち低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買った時に得られる金額の事を指します。このスワップ金利が、SBIFXトレードは他の大手FX会社と比べると若干低いのです。

SBIFXトレードのスワップポイントは標準的な水準なのでスワップで利益を狙うトレーダーとの相性はいまひとつ。

この点を考えるとある程度の期間通貨を保有し続けるのでしたら他のFX業者で口座開設をした方が良いでしょう。


どんな人と相性が良いFX業者なのか?


あらためてSBIFXトレードの強みと弱みについて振り返りますと強みは「スプレッドの狭さ」であり、弱みは「スワップ金利の低さ」です。

スプレッドが狭いという事は、取引回数が多ければ多いほどコストが増加することを意味します。この点はデイトレードやスキャルピングを行うトレーダーにとって都合が良いと言えるでしょう。

逆にスワップ金利が低いという課題がある以上、SBIFXトレードは外貨預金のような感覚で長期型のトレードに取り組みたい人には不向き。SBIFXトレードの良し悪しはあなたのFXに取り組む際のスタンスで決まると言えるでしょう。

ちなみに長期型のFXにも短期型のFXとも相性が良いおすすめのFX業者についてはこちらでランキング化してまとめています。








海外FX口座おすすめランキング
1位 GEMFOREX
GEM FOREX
最大の魅力は1000倍というレバレッジの高さ。優秀な自動売買EAも無料で使えるのが初心者には特に嬉しいポイント
2位 XM.com
XM.COM
最大888倍のレバレッジ。ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの「XMゼロ口座」が魅力的。
3位 AXIORY
AXIORY
全ての通貨においてバランスの取れた低スプレッド水準が特徴。400倍の最大レバレッジ、追証がないのが魅力の海外FX業者
4位 LANDFX

LANDFX
ドルストレートを中心に非常にタイトなスプレッド。口座開設は1時間以内で完了。入金ボーナス、リカバリーボーナスといった、嬉しいサービスも万歳。
5位 TITANFX
TITAN FX
海外FX業者でありながら、全額保証の信託保全を採用しているので安心。業界トップ水準のスプレッドと約定力も魅力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA