投稿者: | 15/11/2017

1億円をFXで稼ぐ運用

1億円の稼ぎ方の画像 億トレという言葉を皆さんは聞いたことがありますか?

1億円トレーダーを略したもので、FXの世界で1億円以上を稼いでいる人を指す言葉です。

FXトレーダーの掲げる目標利益として1億円というのは夢のある金額ですよね。

現実的にFXで1億円稼ぐとしても、FXをはじめてから1億円を稼ぐまで一体どれくらいの時間が掛かるものなのでしょうか。

FXで1億円を稼ぐまでの時間というのは実際に、FXの元手や自己成績などをもとに計算することができます。

この計算は、FXで1億円を達成する大まかな計画にもなります

このコンテンツでは、FXで1億円稼ぐ運用方法やその計算についてわかりやすく解説していきます。

夢のFX利益1億円達成への挑戦を、ぜひここからはじめてみましょう。

ではまず、1億円を稼ぐために必要な考え方について話をしていきましょう。


最短達成に必要「一億稼ぐ運用手法より、運用計算」

必要なのは、元手、利率、期間の画像 1億円に限らず、FXで稼ぐために必要となるものを3つ紹介していきます。

FXにおいて、この3つのうちの1つでも欠けてしまうと、1億おろか1円も利益を上げることができないと言っても過言ではありません。

それでは、FXで稼ぐために必要なものとは何か見ていきましょう。


稼ぐのに必要なものは元手・利率・期間


何も考えずFXでトレードを行い、1億円を稼ぐというのは不可能に近いでしょう

もちろん、1億円を稼ぎたいという気持ちも大事ですが、それ以前に利益を上げるために無くてはいけないものを整理してみましょう。

FXで利益を上げるために必要なものとは・・・

  • 元手
  • 利率
  • 期間
この3つです。順番に説明していきます。

元手がない=増えるお金がない


FXに限らず、あらゆる投資において元手が無ければお金を生むことができません。

いくらの金額が準備できるかということはとても重要なことです。

FXは元手が多いほど大きな利益を出しやすくなり、元手が小さいほど大きな利益を出すのが難しくなります。

例えば、9900万円を1億円にするのと、10万円を1億円に増やすのと、どちらが簡単そうでしょうか?

イメージ通り、9900万円を1億円にする方が簡単です。しかし、FXでは10万円を1億円にするのが不可能というわけではありません。

ポイントは、元手が大きいほどより短期間で資金を1億円にすることができるという点。反対に、元手が小さければ1億円にするのにより長い時間がかかってしまうということになります。

ただし、FXの元手は必ず余剰資金で用意しましょう。

余剰資金というのは、生活費以外の失っても日常生活に支障をきたさないお金を指しています。

なぜ余剰資金が良いかと言うと、どれだけ優れたFXトレーダーでも短期的には勝てるか負けるか分からないものに生活資金を投じるのはギャンブルですよね。

さらに負けた場合、負けたプレッシャーから精神が圧迫されトレードを行う際の判断力が著しく鈍るからです。

FXする際に元手は大きい方がいいものの、生活費を賭けるようなギャンブルで成功の方程式を成立させるのは難しいです。

そして、このFXの元手をどれくらいの早さで増やせるかというのが利率です。

利率が悪い=稼げない


利率というのは、FXトレードの結果、元手に対してどれくらいの大きさの利益が出たかというの表したものです。

利率は通常、元手に対してどくらいの利益が出たかという割合(パーセント=%)を表します。

例えば、元手が1億円に対して利益を1000万円上げた場合の利率は、

(1000万円÷1億円×100%)=10%

となります。

さらにこの利率は、いつからいつまでのものを計算したものかによって変わります。

表で見てみましょう。

期間 利率
1日 日利 10%
1ヶ月 月利 10%
1年間 年利 10%
この利率はとても重要で、利率こそFXトレーダーの成績や技術の高さと言えます。

利率の良いトレーダーは、元手さえあれば確実にお金を増やせるからです。

利率は、推定や計画で立てるものではなく、FXトレーダーが自分自身の過去の成績を見て算出するものです。

今まででどれくらい元手を増やせているか計算してみると良いでしょう。

計算方法はとても簡単で、

利益 ÷ 元手 ÷ 期間 × 100%

このような式で算出できます。

〇日利の場合
利益 ÷ 元手 ÷ 日数 × 100%

〇月利の場合
利益 ÷ 元手 ÷ 月数 × 100%

〇年利の場合
利益 ÷ 元手 ÷ 年数 × 100%

利率は客観的かつ厳然たる事実なので、利率がマイナスの場合はFXの手法やトレードルールを見直すと良いでしょう。

まだトレードをしていない人は、1日あるいは、月に元手の何%なら増やせるのかを推定してみると良いでしょう。

さて、元手と利率がわかればあとはどのくらいの時間を掛ければFXで資金1億円を達成できるかが分かります。

期間が短い=増える時間がない


1年間で1億円を1億5000万円にできる驚異的なFXトレーダーがいるとしましょう。利率は年利50%ですね。

しかし、このFXトレーダーも1ヵ月では1億円を1億5000万円にするのは難しいでしょう。

これは、自動車などの時速と一緒で時速100kmで走る車は、1時間に100㎞走れますが、20分で100㎞を走るのは難しいですね。

先ほど言ったように、利率というのはお金を儲ける早さで、利率がちょうど自動車の速度と同じようなものだからです。

利率が出せれば、あとは簡単な計算です。

先ほど言ったように、1年間で1億円を50%増やして1億5000万円にできるFXトレーダーは、2年目には、1億5000万円を50%増やして2憶2500万円にすることができるということですね。

ここまででいかがでしょう。

FXの1億円トレーダーへの道が少し現実的になったのではないでしょうか?

この3つを取引時に意識して、さっそく取引していきましょう!

・・・と言いたいところですが、もう少しだけ考察を続けましょう。

では、現実的な「元手」「利率」「期間」で利益1億円を達成するためには、どうしたら良いのか見ていきましょう。


一億円を稼ぐのに必要な元手、利率、期間「現実的に」

0.5%の利益の画像 ここで話したいものは、FXトレードで資金1億円を達成するのに、

  • いくら必要で
  • どんな早さで増やして
  • どれくらいの期間で
できるかということですね。

FX専門のトレーダーではありませんが、BNFという名前の資産が200億円を超える個人トレーダーがいます。

BNF氏は、元手280万円を2年間(2000年末→2002年末)で9600万円に増やしました。天才的な手腕ですが、このBNF氏を参考してみましょう。

まず、利率を計算してみましょう。

2年間=24ヶ月で280万円を9600万円にするためには、元手を1ヵ月で平均15.9%増やす必要があります。

ひと月に元手を15.9%増やすことができると、次の24ヵ月で元手の280万円は次のようになります。

元手 280万円
1ヵ月目 320万円
2ヵ月目 380万円
3ヵ月目 440万円
4ヵ月目 510万円
5ヵ月目 590万円
6ヵ月目 680万円
7ヵ月目 790万円
8ヵ月目 910万円
9ヵ月目 1,060万円
10ヵ月目 1,220万円
11ヵ月目 1,420万円
12ヵ月目 1,640万円
13ヵ月目 1,910万円
14ヵ月目 2,210万円
15ヵ月目 2,560万円
16ヵ月目 2,970万円
17ヵ月目 3,440万円
18ヵ月目 3,990万円
19ヵ月目 4,620万円
20ヵ月目 5,360万円
21ヵ月目 6,210万円
22ヵ月目 7,190万円
23ヵ月目 8,340万円
24ヵ月目 9,660万円
1ヵ月目は280万円の15.9%なので利益は40万円ですが、最後の24ヶ月目は元手は9,660万円になっており、これを15.9%増やすので24ヶ月目の利益は、およそ1,300万円になっていますね(複利運用)。

ちなみに、280万円の元手のまま単利運用をした場合、毎月の利益は40万円のままで、資金を1億円にするまでに213ヵ月掛かる計算になります。

例に挙げたBNF氏は、トレードをはじめて3年足らずで資産1億円、翌年には年収1億円を突破した天才トレーダーです。

この天才トレーダーでも月間の利益は15.9%程度、つまり1日の利益は、平均0.5%程度ですね。

多いと思うか少ないと思うかは感覚的なものですが、いずれにせよFXの利益は、1日に元手の0.5%程度となれば十分すぎるということ。

それでは、現実的な元手と利率と期間はどれくらいになるでしょうか?

FXで資金1億円を達成する元手と利率と期間は?


天才トレーダーであるBNF氏ほどの利率成績を望むことはできなくとも、その3分の1以下である

  • 5%の利率
  • 100万円の元手
この2つの条件を、FXで運用していくこととし、計算してみました。

すると、約8年間で100万円の元手が1億円に増える計算となります。

月間の利率は5%なので、最初の月の目標は100万円→105万円となりますね。

1週間でFX相場が開いているのを平日5日間とすれば、1日の利率は0.3%以下となります。

つまり、1日の目標は100万円→100万3000円にすること。

いかがでしょうか。

FXトレードとしては、かなり現実的ではないでしょうか。

実際に、このFX成績で毎日欠かさず8年間利益を上げ続けるのはとても至難です。

しかしここで大事なのは、1億円FXトレーダーになるためには、たった100万円の元手、たった1日0.3%の利益、たった8年間続ければいいということなのです。

FXで元手と利率と期間を計画する最大の意味は、1億円のような大きな利益を達成するうえで日々の小さな利益の積み重ねがいかに大事か実感できるという点にあります。

これでFXで資金1億円を達成する大枠はなんとくなく出来てきたはずです。

あとは、この1日で0.3%の利益を達成するための手段ですよね。


運用手法は?「損を回避して最短で一億達成」


FXをはじめ、投資の運用の基本は複利運用

このように、FXにおいては元手の何%増やせるかという考え方が重要です。

つまり、FXなどの投資の極意は元手を減らさないことです。

例え少しずつだとしても、1日0.3%でも資金が増えれば時間をかければ利益は莫大になることはさきほど話したばかりでしたね。

さらにここから、損失が出ないようなFXのトレード手法を考えてみましょう。

損失を回避するFXのトレード手法を考える


ひとつひとつ考えていきましょう。

資金1億円を達成するためのFXトレードをする条件としては・・・・

  • 1日の利率は平均 0.3 %
  • なるべく負けない
でしたね。

そこで、この条件を満たすFXトレード手法を考えてみます。

スキャルピングFXで小さな利益を狙う


スキャルピング(通称:スキャル)FXとは、数秒から数分の間で取引を終えるトレードのこと。

短時間の小さな値動きから利益を獲得するFXのトレード手法です。

スキャルピングは日本で人気のFX手法で、値動きの予想力より、機を逃さない反射的かつ感覚的なトレード手法です。

ポジションを持って小さな利益が出た瞬間に決済するので、必然的に取引回数が多くなり、1日に100回以上取引をするFXトレーダーもいます。

1億円を狙うためには負けてはいけませんから、良い勝率を望むなら1pips~3pips程度の利益を狙っていくのが良いでしょう。

1日トータルで3pipsで0.3%の利益を得られるように計算してみましょう。

元手が100万円で3000円の利益を得られればいいので、3pipsで3000円の利益を得るためには10万通貨のトレードとなります。

10万通貨は100万円の元手であれば実効レバレッジ10倍で行うFXとなります。

つまり、元手がいくらであろうと・・・

  • 実効レバレッジ10倍
  • 1日3pips勝つ
というFXを8年間続ければ、元手100万円は1億円となる計算になります。

では、最後にまとめましょう。


FXで1億稼ぐ「まとめ」

スキャルピングトレードの画像 最後に、今回紹介したFXで1億円稼ぐための運用と計算についてまとめて終わります。

まず、FXで1億円を稼ぐために重要なのは、元手と利率と期間に当たりをつけ、大まかな計画を立てること。

そのあとに元手、利率、期間の計画を達成するためのFX手法を考えるということでした。

ここで紹介した手法は、

  • 実効レバレッジ10倍
  • 1日3pips勝つ
というスキャルピングFXを8年間毎日続けられれば、元手100万円は1億円になっているというものでした。

しかし最も重要なのは、損失を回避することと、日々の小さな利益の積み重ねです。

いかがでしたでしょうか? FXトレーダーの目安となる1億円を目指してトレードに励んでみてください。







海外FX口座おすすめランキング
1位 GEMFOREX
GEM FOREX
最大の魅力は1000倍というレバレッジの高さ。優秀な自動売買EAも無料で使えるのが初心者には特に嬉しいポイント
2位 XM.com
XM.COM
最大888倍のレバレッジ。ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの「XMゼロ口座」が魅力的。
3位 AXIORY
AXIORY
全ての通貨においてバランスの取れた低スプレッド水準が特徴。400倍の最大レバレッジ、追証がないのが魅力の海外FX業者
4位 LANDFX

LANDFX
ドルストレートを中心に非常にタイトなスプレッド。口座開設は1時間以内で完了。入金ボーナス、リカバリーボーナスといった、嬉しいサービスも万歳。
5位 TITANFX
TITAN FX
海外FX業者でありながら、全額保証の信託保全を採用しているので安心。業界トップ水準のスプレッドと約定力も魅力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA