投稿者: | 18/07/2017

芸能界に多い 隠れた投資家


意外に多い芸能人投資家
あいつが投資家?! ・・・というような、意外な投資家、友人の中にいませんか?

投資家になった友人のイメージを聞くと、「あいつなら稼ぎそう」「イメージ通り」と言う返答が多いと聞きます。知らず知らずのうちに「自分にはできなさそう」と思う人が投資家にならず、「自分ならできる!」という人は投資家になろうと思うからなのかも知れませんね。

今日は「自分に投資なんて似合わない」という方のためではありませんが、芸能界の意外な投資家たちのお話。

投資で大儲けした人、大損した人、地獄の底から這いあがってきた人、生まれつき投資家な人など、別の側面を持っている人が芸能界にはたくさん。ここでは、そんな「実は〇〇」な芸能人をご紹介いたします。


失敗編1 ココリコ遠藤



まずは投資失敗のケース。

2002年に同じ芸人の千秋さんと結婚し、2007年に離婚したココリコの遠藤さん。離婚の本当の理由は投資への失敗だったとか。もう少し詳しくお話しすると、その投資は詐欺だったそうです。

引っかかった詐欺とは、未公開株詐欺というひと昔前に流行ったもの。「二週間おいているだけで、倍になります」こんな甘い文句に誘われ、千秋さんにお話をしたそうです。いまや事業家として活躍する千秋さんの目から見れば、明らかに怪しい儲け話。

遠藤さんは千秋さんに内緒で手を出し、後々それがばれたことも離婚の一因だったといわれているのです。損した金額は実に鉄骨のええ2世帯住宅が買えるくらいと語っており、数千万円とも言われています。

何よりもすごいのは、この事実を9年間も口外しなかった千秋なのではないでしょうか。


失敗編2 板東英二


続いての失敗ケースは、元プロ野球選手の板東英二さん。板東さんは、島田紳助さんの財テクの指南者としての一面も持っていますが、とにかく波乱万丈な経歴の持ち主として有名ですね。

板東さんの波乱の幕開けは、板東さんの球団との契約金を、父親が株に使い込んでしまったこと。その契約金を取り返そうとし、板東さんご自身も株取引を開始します。そしかしれが祟り、1990年代前半、バブルの崩壊後には17億円の借金を抱えることに・・・。

同じ90年代の中頃には、とんでもない勘違いから投資失敗をしたエピソードも。

先輩芸人であった横山ノック大阪知事(当時)が「養命酒イケるぞ」と話しているのを聞きつけ、養命酒製造株式会社の株を大量に購入してしまったのだとか。横山さんは、ただ健康のために飲むといいという意味でいっただけだったとのことです。はたから見るには愉快な勘違いではありますが・・・(笑)

2012年には国税局から7500万円もの申告漏れ(約5000万円分の脱税)が指摘され、芸能活動を停止することになりました。現在は一部活動を再開していますし、17億円の借金は10年で完済しています。


失敗編3 かつみ(かつみさゆり)



こちらも失敗談。「ボヨヨーン」でおなじみ、かつみさゆりのかつみさん。関西では有名ですが、彼は数々の事業で失敗しています。

初めは好調だったらしく、23歳の時に購入したマンションの地価が急上昇、完成するころには3倍以上になりました。さらに銀行から資金を借り入れ株式投資へ。1000万円で買った株が半年後には4300万円になり、バブル全盛期には、株やマンションゴルフ場の会員券など総額で3億円にまで膨らみました。

ところが、信用取引でその3億円を株に投入した結果、バブルがはじけ1億7千万の借金をすることとなりました。その後はビジネスへ投資にシフトするも、オオクワガタの養殖、馬主、100円ショップ、ラーメン屋などなど、成功したのは一つもなし。

唯一現在も繁盛しているのはスイーツのお店ですが、経営はプロに任せているようです。本人たちは広告塔として活動しています。適材適所は成功の秘訣・・・と言えるかも知れませんね。


成功編1 杉村太蔵



さて、それでは成功編です。まずは、元衆議院議員の杉村太蔵さん。

軽く経歴からおさらいすると、杉村さんは2005年当選以前、大手のドイツ証券で派遣社員として調査部門で雑用などの仕事をしていました(その前までは清掃員など)。調査部門で郵政民営化に関して調べるようになった頃、自民党のホームページで候補者を募集していることを知ります。一次審査の論文の課題は、なんと自分の調査していた「郵政民営化と構造改革」。これに応募するとすぐに自民党本部よりお呼びがかかり、合格。見事議員の道を歩み出すことになったようです。

任期中は度重なる失言の連続、優秀な議員というイメージそこないかもしれませんが、彼の投資家としての活躍は任期が満了してから。

タレントとしての活躍する傍ら、証券投資に関してテレビで言及できるコメンテーターへ。議員落選から4年間で、資産を1億円まで増やしたとのこと。ご本人をして、投資で失敗したことがないそうです。証券マンとしての経験と、議員としての経験から、政治の流れで株価動向を予想するという独自の投資戦略を編み出し、現在はセミナーなども開催しているようです。


成功編2 叶姉妹


続いては謎のお金持ち、叶姉妹のお話。なぜ、あんなにセレブなのかネット上では様々な憶測が流れています。石油王とお見合いしたとか、ハリウッド俳優が貢いでいるとか。

その中の一つにこんなのが・・・

それは「NTT」の権利収入を得ているというものです。叶姉妹の祖父が、携帯電話が普及する前にNTTに出資し、利益分から還元されているのだとか・・・。爆発的に普及した携帯電話からの収入は、月6000万円ともいわれています。

投資は株式のイメージが強いかも知れませんが、権利収入に対する投資もかなりリターンが大きいものですよね。当時、ほかにも大橋巨泉や所ジョージなどの芸能人が、携帯電話の権利収入を得るために投資をしたと言われているそう。

叶姉妹は実の姉妹ではないという噂などもあるので、この収入利権の噂もどこまで本当か分かりませんが・・・。あのお金持ちぶりは、何か莫大な不労所得を連想させますよね。


被害者編 Gackt



番外編です。

謎の多い印象のあるGacktさん、イメージ通りのセレブな生活を送っているものなのでしょうか。実は、お金にまつわる話はあまりいい話を聞きません。

以前、架空投資詐欺の疑いで投資顧問会社の代表が逮捕されるという事件がありました。その被害者として話題になったのが、歌手のGacktさん。この(架空の)投資話を聞き、世田谷の自宅を売却してまで飛びついたという噂まであります。

正月の某番組の影響か、「見る目」はあるという印象のGacktさん、実際は詐欺に被害には何度も遭っているそうです。その道では「カモ」扱いされていると言います。関係者曰く、なんでも大金をつかみたいという欲求が強いのだとか・・・。

しかし、彼の凄いところはその損失を取り戻すべく、新たなビジネスにチャレンジしていることではないでしょうか。

さて、ここまで、芸能人の投資の話を見てきました。我々一般人と比べると、額も額、派手なもの。さりとて、このような芸能人の意外な一面を見るのも面白いものですね。

働かなくてすむ専業トレーダーになるためには?



海外FX口座おすすめランキング
1位 GEMFOREX
GEM FOREX
最大の魅力は1000倍というレバレッジの高さ。優秀な自動売買EAも無料で使えるのが初心者には特に嬉しいポイント
2位 XM.com
XM.COM
最大888倍のレバレッジ。ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの「XMゼロ口座」が魅力的。
3位 AXIORY
AXIORY
全ての通貨においてバランスの取れた低スプレッド水準が特徴。400倍の最大レバレッジ、追証がないのが魅力の海外FX業者
4位 LANDFX

LANDFX
ドルストレートを中心に非常にタイトなスプレッド。口座開設は1時間以内で完了。入金ボーナス、リカバリーボーナスといった、嬉しいサービスも万歳。
5位 TITANFX
TITAN FX
海外FX業者でありながら、全額保証の信託保全を採用しているので安心。業界トップ水準のスプレッドと約定力も魅力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA